スポンサーリンク

【中高年】40代の気になる2020年の健康診断病院の様子まとめ

スポンサーリンク

【中高年】40代の気になる2020年の健康診断病院の様子まとめ

スポンサーリンク

2020年の病院での健康診断はどうなってるのか?

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今はいろいろ不安な場所があります。

その中でも病院に行くのは少し躊躇(ちゅうちょ)してしまいますよね。

「でも健康診断は受けたい!」

という方にも今回は私が病院で毎年恒例の「健康診断」を行った様子や雰囲気なども報告していきます。

今はなかなか病院に行く事自体少し怖くて、病気を悪化させてしまうというニュースも見ていますが、やはり早期発見や早めの診断は必要ですからね。

2020年のそこそこ大きい総合病院の様子

まず入り口での検温はカメラのセンサーにて検温してくれるので、消毒する時に検温を自動でする事ができます。

画面には現在の体温が表示されています。

そして気になる中の年齢層は、もっと高齢者の方は少ないと思っていましたが、高齢者の方も多くいて、いつもの病院と変わらない感じでした。

待合所の椅子や会計の自動支払機などの人が密になる所は、ソーシャルディスタンスが取れるように、間隔を空けるようになっていました。

内部の雰囲気は昔とあまり変化が無い印象で、もっとピリピリしていると思っていましたが、そんな感じではなく、いつも通りの病院って感じです。

検査内容も大きな変化は無く、40分位で全て無事に終わる事ができました。

年1回の40代の健康診断は大事

40代になってからは、ほぼ毎年恒例になってきた「年1回の健康診断」になります。

若い頃は想像もつかない程の身体の複数で不調をきたしています。

40代になると出る出る身体の不調・・・

もちろん日常生活から始まり、食生活なども不摂生だといろいろ出てきますね。

という事もあり、健康診断は受けているのですが、今不安な箇所は「ヘモグロビン(貧血)」「LDLコレステロール(悪玉菌)」「メタボリックシンドローム(メタボ)」が去年わかってる不安な所になっています。

今年は感染問題の事もあり、健康診断の期間が延長しているので、この時期でも受ける事ができました。

2020年の健康診断はここが違った!

最近はいろいろ簡略化が進んでいたり、国レベルで脱ハンコや脱FAXなどデジタル化も進んでいるので良い事です。

そして私が受けている「健康診断」の病院でもその波が来てました!

前までは最初の書類を何枚も書いて指が痛くなるほどでしたが、今回は2枚だけで2分位で名前・簡単なアンケートなど書いて終わりでした。

しかも!やっとマークシートにも対応して、チェックするだけの簡単なモノでした。

いつもこの書類を書くのに時間がかかっていましたが、今回はあっという間でした。

2020年の検査内容

■電話で予約して行ける日と時間を決める

■当日予約日に病院に行きます。

■名前・住所などのアンケート記入

■尿検査

■心電図

・足首(肌に直接)2箇所

・手首(肌に直接)2箇所

・胸部(仰向けで胸からお腹の肌の露出)数箇所

にセンサーを付けて30秒程で終わり。

■身長・体重・腹部周り測定

■問診

簡単なおしゃべりと先ほどの心電図の報告(当日検査結果がわかります)聴診器での検査

■血液検査

これで終了になります。

今回はレントゲン検査はないので、30分~40分位で全行程終了になります。

検査結果

検査結果はいつものように、1か月先になり帰る時に1か月後の予約を入れます。

1年で私の「ヘモグロビン(貧血)」「LDLコレステロール(悪玉菌)」「メタボリックシンドローム(メタボ)」はどのようになったのか?

検査結果がでましたら、また当ブログの記事にしますので、お楽しみにしてください。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!