#5【盲腸(急性虫垂炎)手術終了】

スポンサーリンク

【盲腸(急性虫垂炎)手術終了】

手術を終えてからの生活

【盲腸(急性虫垂炎)】の緊急手術が無事終了

して起きると次の日の朝でした。

まず手術した右脇腹の下辺りにメスを入れた

のでその外傷の痛みがありました。

そしてその外傷の痛みがあるせいか起き上がる

事も少し辛く身体全体が重い感じでした。

これが術後の副作用みたいなものかなと

いった感じです。

そしてしばらくすると担当医の方が朝の検診を

しに来て傷口をこの時初めてみました。

身体に針を縫ったので傷口は

リアルに紫色の(血の固まった色?)

縫い傷があり見てて痛々しい感じでした。

そこに・・・目覚めの一発!

「傷口を消毒しますね^^」

とその痛い縫い目にポンポンと消毒液

の付いた綿みたいなので消毒しました。

もちろん染みて痛いです><。

点滴と共存いつまで続くのか・・・

そして体温を測り問診をしてこれから

毎日、点滴をしますとのこと・・・

とりあえずご飯はまだ食べてはいけない

らしい・・・

点滴初めての体験だしその都度注射打つのかと

思ったら、最初に注射してそこに

アタッチメントみたいな物を付けて点滴

する時はそこに点滴を繋いで液を入れる

ようです。

なのでこれからは点滴生活です。

術後初めての日はベットから動くこともなく

トイレは尿瓶でした。

初めてベットの上での尿瓶を使用したのですが、

すごく慣れなく違和感しかありませんでした。

入院生活は長くて2週間位だと言われそれまでに

【抜糸】、【ガス抜き】、【食の管理】

【点滴】、【リハビリ】を行っていくそうです。

手術後の喫煙は控えれば退院は早まる!?

この時私はまだ喫煙者だったのですが担当医から

は禁煙した方が傷の治りは速いですよと言われ

若かったせいか速く退院して自由に

なりたくて(笑)

この時は禁煙頑張りましたね。

まだこの時代喫煙者にも寛大で病院内部

に喫煙場所があり

(もちろん分煙されてある部屋)

いまではありえないですね。

もちろん今はもうタバコはやめてます。

この手術がきっかけではないです。

禁煙をしたのは30代前半の頃です。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする