スポンサーリンク

#2【花粉症疑い!専門外病院でアレルギー検査方法 結果は?】

スポンサーリンク

自分が花粉症なのか?単なる鼻炎なのか?

なんで専門外病院でアレルギー検査?

いよいよ花粉症っぽい症状が悪化した為、逆流性食道炎で通院している病院で、ついでにアレルギー検査する事にしました。

この時私は逆流性食道炎で通院している時でした。

当初は耳鼻咽喉科に行こうと思っていたのですが、病院嫌いの私にとって丁度よく逆流性食道炎の治療の為、通院をしていたので、担当の先生も話しやすく、相談しやすかったので、受診した時に鼻水や体のだるさが酷かったので、花粉症の事を相談してみたら、「この病院でも検査は出来る」との事で、急遽お願いしました。

そうしたら当日にもう「検査キット」があるから、今日検査できるというので、その日に検査しました。

便利な世の中ですね(笑)

アレルギー検査方法

ではこの様な私の場合の検査方法はどのようにしたのか?

何種類か検査方法はあるみたいですが、今回の私の検査方法は血液検査みたいです。

今日採血採して後日検査結果が送られてくるやつです。

多分これが一般的なやつでしょう。検査内容は簡単で、採血のみです。

なので一瞬で採血が終わりました。

結果は後日です。

この時に鼻水が止めどなく流れていたので、鼻水を抑える薬を処方してもらいました。

朝起きると口の中がカラカラ!?

鼻水を抑える薬を処方してもらって鼻水の勢いは減り楽になりました。

しかし、その薬を服用してから数日が経った頃です。

朝起きると口の中が異様に乾いていてカラカラです。

しかも体験したことない程カラカラになっていて、喉の奥に少しだけ溜まっている唾が風邪をひいた時のような緑色のネバネバした唾が溜まっており起きたての気分は最悪でした。

緑色のネバネバした唾と言うのは、よく聞く話し【緑色の唾の場合、主に細菌と戦った白血球の死骸】と言われる事を昔聞いた事があるので、ドライマウスになって少ない唾液の中で戦った証なのかなと、思いました。

最初、私は「いびき」をかくことが多いので、鼻水が出ている為、寝ている間に鼻呼吸が出来なくなり、自然と口を大きく開けて「いびき」をかいて寝てしまった為に、口の中の水分が無くなったものだと思ったのですが、その状態が何日か続いた為、さすがにおかしいと考えるようになりました。

気になるといえば、やはり鼻水を抑える薬を飲みだした頃と、同時にこの症状が現れ出したので怪しいと思いました。

なので鼻水の症状が酷くない時は薬を飲むのを止めて(薬を一旦止める場合などはお医者さんに確認をとりましょう)酷い時だけ飲むようにしました。

そうしたら朝起きた時の喉のカラカラは収まりだしました。

薬の副作用を見てみると、「口渇」と書いてあるのみて「あっ!」と、察しました(笑)

薬の副作用

市販の風邪薬や胃薬などは飲みますが、あまり処方された薬は飲まないでこの歳まできたので、現状の処方された薬を飲み慣れてないって事もあり、自分と薬の副作用はまったくの無縁でした。

なので今回始めての副作用自分にも出る時は出るんだと身にしみました。

後日通院している病院の受診日がきたのでこの事を担当医に相談したら、「一旦この薬は止めて様子をみましょう」との事で、薬を止めてから数日経つと、鼻水がまた垂れ流し状態に戻りました。(笑)

それに伴い朝起きた時の喉のカラカラは収まっていきました。

やっぱり薬は怖いですねぇ(汗)

気になるアレルギー検査の結果発表

数日たった頃、通院してる所からTELがあり、アレルギー検査の結果が出たので今度通院で来る際に報告しますね。との事でした。

実際問題、私は花粉症なのか?それともの鼻炎なのか?「決断の時」がきました。

もうこれで結果が花粉症と出たら、「私は花粉症」だと認めなくていけません。

では結果を見てみましよう。

なにやら数字がいっぱい並んでますけど…

基本右側の数値が「基準値」でこの数字を上回るとアレルギー反応が出てるとの事です。

上から見ていくとやはりと、言うべきか…

とうとうと、言うべきか…

スギの所の数字が「8.31」と出てるじゃないですか!!!

基準値が0.34以下の所8.31…基準値の24倍…「ふぁ~~っ!」

決定的です!「花粉症の認定」を頂きました(笑)

そしてヒノキも少々…(泣)

そして前から薄々気づいていたのですが…

ダニ・ハウスダストも軒並みHITしてますね!

基準値0.34以下に対して1.00オーバーです。

そうです!ホコリっぽい所に行くとくしゃみが出ていたので、もしかしたらと思っていたら、やはりこちらもアレルギー反応が出てました。(泣)

スギのレベルは3です。

6中の中の3って事はもう中堅ですね!

これがこれから減る事なく増えていくのか…それとも慣れてきて減っていくのか、わかりませんがこのような結果になりました。

花粉症に認定された人間のまとめ

思った通りでした!

これで私の体に不治の病が1つ増えました。

これから先新薬が出ない限り、この花粉症と一生付き合わないといけなくなりました。

悲しいですね。

しかも薬は体に合わず、鼻水止めると喉がカラカラになるという、シーソーの様な状態の為、対策は主にマスクとティッシュです。目は目薬ですね。

寒い冬が終わり、春は暖かくなり気持ちがいい季節なのに花粉の辛さがあると、春が来ても心の底から喜べないのも残念ですがしょうがないですね。

いい新薬が出るまで首を長くして待つ事にします。

皆さんも花粉症の疑いがあったら、腹をくくってアレルギー検査を受けてみてくださいね。

検査はお手軽です。そして「自分は花粉症なんだ」と現実を目の当たりにできます。(笑)

結果がきちんと出たら出たですんなり受け入れる事が出来ました。

なのでこれから花粉と共存しながら、花粉情報をしっかり見て、マスク、目薬対策するなど気持ちの面で、構える事が出来るようになるので、気分的には少し楽になった気がするので、おすすめですよアレルギー検査。

<前に戻る

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!