スポンサーリンク

#3【胃痛からの逆流性食道炎】

スポンサーリンク

【胃痛からの逆流性食道炎】

逆流性食道炎の主な症状

逆流性食道炎にも、いろいろ自覚症状があると思いますが私の場合

私の自覚している症状はこちら
●酷い胸焼け●胃液の逆流(苦水)●夜中に起こる●横になると症状が悪化●上半身を起こすと少し楽になる●胃痛●こみ上げてくる咳●胃腸薬を飲むと楽になる

など色々ネットで調べると、やはりこの自覚症状から【逆流性食道炎】の疑いが強まりました。

しかも、その時よくテレビのCMでも【逆流性食道炎】を見ていたので、やはりこれかと思うようになりました・・・

病院に行かないで、治るものでもなさそうなので、さすがにもう諦めました。

と!いうことで!

「レッツ病院です^^」

だから私は病院が苦手です!

病院に行くのは、10年位前にあまりにも高熱が出て、本当に倒れる寸前だった時があり、これはもしや・・・

インフル?の疑いが出た時、初めて風邪の症状で病院に行った時以来です。

基本私の風邪はいつも寝て治してました。(笑)

そこでうぇすてりあの小話です。

インフルの検査で鼻に綿棒の長いやつ(粘膜を採取する為だと思います)を、奥まで突っ込む検査あるの知っていますか?

もしくは同じ検査をした方。

あれってかなり痛くないですか?

初めて経験した時

医者「少し痛いですよ~痛かった手挙げて

くださいね~」

って言うからドキドキしながら待ってたら

ブッスと一突きあの長い綿棒みたなやつを、鼻の奥まで突っ込まれました。

もちろん手を挙げましたが、一瞬だった為、手を挙げても無意味でした・・・

その時そのまま挙げてた手を、医者の頭に「ペシっ」て引っ叩きたかった位、痛かったの思い出しました。

そう、なぜここまで胃に関して病院に行かないかと、いうと・・・・実は・・

ちゃんとした理由があるんです。

詳しい内容はこちらをどうぞ!

なぜこんなに胃カメラを拒絶させたトラウマとは!?

話は脱線しましたが気にしないでください。

とりあえず夜中の激痛の朝翌・・・

胃腸内科の小さい病院に行くことにしました。

なぜ?小さい病院に行くのかというと、総合病院よりは待ち時間少なく、先生が親身になって診てくれそうだったからです。

いざ!小さな胃腸内科の病院に到着しました。そして色々質問用紙に症状など

書いて待ちました。

そして呼ばれ診察室に行き問診が始まりました。

まず、私の今起こってる現状の症状を先生に報告しました。胃痛、胸焼け、胃液の逆流、咳、夜中に起こる、キャベジンを飲むと収まる、脂ものを控えると、そんなには症状は出てこないなど説明しました。

問診が終わると、やはり【逆流性食道炎】の可能性が高いと言われとうとう・・・あの・・・検査・・

そうです!

胃の病院=胃カメラ

ですよね・・・なので次は胃カメラで検査が、始まるのかと思っていたら・・・

次回・・・胃カメラ無しで検診終わり!?なぜ??

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!