#2【盲腸(急性虫垂炎)(2)】

スポンサーリンク

盲腸(急性虫垂炎)(2)

病院に着いてまず受付に症状を言うと

少し待ってくださいと慌てた様子で受付の

お姉さんはどこかに消えて行き私は痛みで椅子

に座り痛みに耐えてると、そこへ女医らしき

先生がきてまず診察室へ案内されベットに

横にされ問診と触診が始まりました。

・まずはどこら辺が痛いのか?

・いつから症状が出てきたのか?

・夕飯はなに食べた?

などなど聞きながら同時に触診をするのですが

【右下の脇腹】が痛く、押されると涙が

出そうなほど

激痛が・・・

この時は【盲腸】なんて右下なのか左下なの

かもわからずもう痛すぎてどうにかしてくれと

すがる思いでした。

そして右脇腹にゼリー状の液体を塗り、超音波

かなんかで画像で見ますとの事

そして女医さんの一言・・・

「【盲腸】ですね^^場合によっては

 【緊急手術】をしますので、ご家族に

  連絡を取って誰かこれるのであれば

  呼んで下さい」

と、さらっと言い、私のその時の感想は・・・

「食あたりとかじゃ無いの?手術って!!

 まだ心の準備も>してないよ(泣)」

って思いながらのこの痛みが取れるなら

もう何でもいいやってなるほど痛かったです。

そして、親に電話をして来てもらう様に手配

して私は色々検査をする為病室へ移動、採血

尿検査など色々やりましたが何をしたのかは

あまり覚えてません。

夕方頃・・・緊急手術が決定

し、手術の準備に移る事になりました。

盲腸の手術の準備・・・

そうあの話題!

・アソコの毛はどうするの?

・やはり全部剃るの?

・それとも分部だけ?

・剃る人はどんな人?

などなど興味が湧く話題です(笑)!

私の場合でお話します。

これはもう昔の話だし今のやり方などきっと

変わってると思うので、参考程度

聞いてください。

まず・・・

A.毛の処理はアソコの毛は剃りませんでした。

A.切るであろう右脇腹の辺りだけの産毛を剃るだけで終わり

A.剃る人は若い女性の看護師さんでした

当時は看護婦さんって言う呼び名に

なるのかな。

なので大事な部分のチェックは無しでした^^

次回・・・

手術前にトラブル発生!!手術出来ないかも??

次へ>

<前に戻る





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする