スポンサーリンク

介護のおむつで医療控除をできるので確定申告の際に申請する方法

スポンサーリンク

介護用のおむつも医療控除の対象になります。

スポンサーリンク

所得税の一部が戻ってくる場合がある

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

介護用のおむつは確定申告する際に医療控除の対象になるので、しっかりこの存在を知っておきましょう。

当初私はこういう税金関係は全然詳しくなくて、気にしていなかったのですが、昨今の日本の将来の事を思うと、自分でも予め老後の備えや準備も含めて、知識をつけないといけないと思いました。

いろいろ税金など調べて、このおむつに対する医療控除に気づき、これは「しっかり申請したほうがいい!」と思い申請を毎年するようにしました。

医療控除とは

年始めの1月1日~12月31日までの間に自分や自分と生計を一緒している配偶者や、親族の為に病院などで、医療費を支払った場合に、その時に支払った医療費が一定額を超える場合は、医療費の額を基に計算された金額の所得控除を、受けることが可能になります。

所得税の一部が還付される制度で、「医療費の合計が年間で10万円」、「その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%を超えた場合」に、確定申告の際に申告すると税金の一部が戻ってくる(最高200万円まで)というシステム。

上記の事を医療費控除といいます。

つまり一年間で医療費支払った医療費が一定の額を超えたら、場合によっては税金の控除の対象になりお金が戻ってくる場合があるという事ですね。

これはありがたい制度ですね。

医療控除の対象範囲

そして今回の介護用のおむつも、この「医療控除」の対象になるなるというので、早速その準備をしましょう。

医療控除の主な対象範囲
●医師の診療
●治療の代金
●往診費
●薬代
●入院費
●通院時の交通費
●介護保険で利用した一部のサービスの自己負担分の費用
●松葉杖や義歯、義手、義足、補聴器などの購入費
●治療の為にマッサージ師に支払った費用
●紙おむつや失禁パッド類の購入費

この他にも細かい物も含む場合があるので各お住いの税務署に問い合わせてみてください。

医療控除の計算方法

ライフリー公式 HPより

もらえる額や計算方法は各自の所得額などに応じて変わります。

医療控除を申請する時に必要な物2点

1・「医療費控除の明細書」

2017年まで医療費控除を申請する際は「各領収書の提出」が必要でした。

2018年の確定申告からは、医療費控除の申請をする際は「領収書の提出は不要」になりましたよ。ただし領収書の代わりに「医療費控除の明細書」に記入をして提出する事になりました。

※ レシートや領収書などの提出は不要となりましたが、自宅で5年間は保存する事になってます。

「医療費控除の明細書」は国税庁のHPからもダウンロードできます。

国税庁公式HP

医療費控除の明細書」PDF

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/02/pdf/ref1.pdf

2・おむつ使用証明書

かかりつけの医師に相談して「おむつ使用証明書」を手に入れてください。

おむつ使用証明書も条件があるので一度お医者さんに相談してみてください。

おむつ使用証明書は用紙に、お医者さんに書いてもらうだけです。

■おむつ使用証明書の条件

「おおむね6ヶ月以上にわたり、寝たきり状態にある、またはあると認められる方」

ライフリー公式 HPより

おむつのライフリーでお馴染みのユニ・チャームさんのHPからも「おむつ使用証明書」の用紙は取得できます。

https://www.d-unicharm.jp/site/pdf/syoumeisyo.pdf

上記の書類にお医者さんに書いてもらいましょう。

以上の2点を用意して確定申告の際の「医療控除」を申請してください。

まとめ

税金関係は取っ付きにくいですが、少しずつ勉強していくだけでも全然いいと思いました。

どうしても税金や確定申告と聞くと、膨大な情報量と難しい単語など覚えていかなといけない気がして、面倒になりますが、こうやっておむつの事で医療控除の勉強ができて、そのおかげでお金の節約ができるので、これからの人生においても必要なスキルだと思って少しずつ、税金、確定申告など知識をつけていこうと思ってます。

とにかくお金は、固定費をいかに抑えるかで、のちの投資や貯蓄にまわせるか変わってくるので、こういう税金対策はしていきましょう。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!