スポンサーリンク

介護業界も着るロボットで世界が変わる!その未来や値段の動向

スポンサーリンク

介護だけではなくあらゆる場面で革命が起こる!

スポンサーリンク

介助する人の肉体的負担

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今は日本は超高齢化社会に突入していて、その高齢者の人口がこれからもっと増加すると言われています。

超高齢化社会とは全人口に対して75歳以上の人口数が21%超えた事により、そう呼ばれるようになりました。

政府は人生100年時代といって政策をすすめてますが、高齢者の数が多くなるのにあたって困るのが、それを支える人です。

現状今の介護業界の人手というのは、不足で低賃金もその理由の一つだから、肉体的にもかなりきつい業界だと言われてます。

いくら高齢者で筋肉が無くなっていき、痩せ細っていても一人の人間を抱えたりするのかなりの重労働で、身体を壊してしまう人もいます。

現状私も「親の介護」を在宅にて行っています。

そして私は腰痛持ちでして、それも相まって介護するのは相当大変で、腰をかばいながら「在宅介護」している状態です。

今後期待するのが着るロボット

若い人でも身体を壊してしまう程の肉体的負担がかかる介護の現状で、政府も推し進めているこれから先の「在宅介護」も視野に入れていかないといけません。

在宅介護はその家族の子供が行ったり、その中には夫婦の老々介護で介護する方も、どんどん高齢化している事もあります。

この状態で肉体的負担の大きな介護が、ちゃんと行う事ができません。

そこで私も注目しているのが、「パワードスーツ」「着るロボット」です。

この開発は日進月歩で日々研究されていて、年々良い物ができています。

この「パワードスーツ」「着るロボット」は読んで字のごとく、ロボットを着るだけで、肉体的負担のかかる作業の面でサポートをしてくれるものです。

例えば重い患者さんを持ち上げる際も、手や腰にこの「パワードスーツ」「着るロボット」を装着していると、軽々と持ち上げられる事ができます。

そうすると介助する側の肉体的負担はかなり減る事になり、より介護しやすい環境になると思います。

「パワードスーツ・着るロボット」の進化

この「パワードスーツ」「着るロボット」の活躍は介護業界だけだはなく、肉体労働・リハビリ分野などでも注目されています。

これにより建築や工場でも大変な身体の負担も軽くなり、働きやすい環境になるとこれからの労働のあり方もどんどん変わっていくでしょう。

今でも真夏の作業着自体に扇風機が内蔵されている物も出ていて、暑い環境の中でも作業しやすくなったりしています。

また寒い冬もポータブル電源で、温まる事の出来る電熱ベストなども一般化し始めてるので、これも着るロボットの一部にあたりますね。

そして「AI」「5G」などの複合的な産業も加わる事でより、人間に優しい未来が来る事を期待したいですね。

イノフィス マッスルスーツEvery

【イノフィス マッスルスーツEvery ソフトフィット】

■ソフトフィットタイプなので着たままでも楽に動く事ができる。

■重い物を持ち上げる際の腰への負担を減らす事ができる。

■中腰姿勢の作業の際の腰への負担を減らす事ができる。

■駆動源:圧縮空気(電力不要)

■補助力:25.5kgf・防塵・防水性能(保護等級):IP56

この業界の広がり

NHK NEWS WEBより

この業界がより広がり、このような着るロボットの進化が今後の、介護での方向も大きく変える一つだと思っています。

着るロボット市場も5年で4倍以上に伸びていく産業とも言われています。

大量に生産してコストが下がれば、介護施設はもちろん私のような「在宅介護」に直面している家族の負担も減る事でしょう。

今後もこのロボット産業も当サイトは注目し、皆さんにアウトプットしていき、有益な情報をシェアしていきます。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!