スポンサーリンク

親の在宅介護にビーワーススタイルのトイレの補助手すりで安心

スポンサーリンク

在宅介護のトイレの困りごと

スポンサーリンク

親の介護は大変

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

在宅介護で困るのはやはりトイレは切っても切れない関係です。

現状親が使用しているトイレには、壁にL字のトイレ用の手すりが付いています。

それでも親はトイレの便座から立ち上がる時は、片方の手すりのみだと立ち上がりの際に不安定になり、「両手で立ち上がれる椅子のひじ掛けのような手すりが欲しい」と言っていました。

そこでいろいろ探した所、いい「両手で支えるトイレ用の手すり」があったので紹介します。

商品詳細

■商品名

・ビーワーススタイル トイレ用アーム

■商品サイズ

・幅63.5cm×奥行62.5cm×高さ61-73cm

■手すりの高さ調整可能

・2.5cm間隔で61cmから73cm内で調節可能

・6段階高さ調節可能なのでお好みに合わせられる

■間口幅の内寸

・49.5cm

■商品重量

・8kg

■カラー展開

・ブラウン/ホワイト

■材質

・フレーム部分:スチールパイプ

・手すり部分:天然木使用

■原産国

・日本

■組立品
・組立時間は約10分から20分程度で一人でも可能です。

・脚部は両面テープ付きなので床に固定できます。

ビーワーススタイル トイレ用アーム

ビーワーススタイル トイレ用アームを購入してみての感想になります。

従来の壁に付いてる手すりより、両手で便座から立ち上がれるので、親も安心して立つ事ができると喜んでいます。

椅子のひじ掛けをと同じで、両手で身体のバランスを取りながら立てるので、安全性も上がりました。

組み立ても全然難しくなく簡単で、設置もただ置くだけなので楽です。

床に両面テープで固定できるよになっていますが、床の掃除などで移動する場合があるので私の家では両面テープでの固定はしてません。

両面テープで床と本体を固定していないので(自己責任)、多少のぐらつきはありますが、現状この状態でも不自由なく使用していますが、安全性を考えるなら両面テープで固定してください。

まとめ

在宅介護にとってトイレの問題は大変で、在宅介護するにあたっては、やはり工夫が必要な場所の一つですね。

広さや手すりやトイレットペーパーの位置など考えなくてはいけません。

大体介護状態になると、親の行動力も以前は出来ていた事が、今はできなくなったりするので、トイレ以外にもその時はこの状態でよくても、その内この状態だいと設置してる所が邪魔になったり、設置してた物を使わなくなったりと、変化していくので大変です。

在宅介護は日々そういう試行錯誤の連続でもあるというのが、在宅介護の特徴ですね。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!