スポンサーリンク

#24春のお知らせ 親の介護の束の間の休息 梅を見にお散歩

スポンサーリンク

2月も終わりに近づきましたそろそろ春ですよ!

先日天気がいいので親を少し遠くまで梅を見に出かけました。

最近時間の流れが早く感じ、正月が終わったと思ったらもう梅のシーズンです。

最近の親の体調は良い時もあれば悪い時もあり山あり谷ありのような状況です。

しかし今年は例年より暖冬?なので比較的過ごしやすい冬だった気がします。

若い時はここまで季節に関心もなく、走り続けてきた人生でしたが、親の介護を通じてより季節の変わり目や自然の良さがわかるようになりました。

昔は夏だ!海だ!祭りだ!

冬はスノーボードだ!年末の飲み会だ!

みたいな感じで流れていたのに、今はそんな感覚はもう忘れてしまったかのように季節の捉え方が変わりましたね。

これは歳なのか、親の介護なのかわかりませんが感覚が変わりました。

ここである人の名言を記したいと思います。

私が好きな、ある名言とは…

「春は夜桜 夏には星 秋には満月 冬には雪 それで十分酒は美味い」

この名言は知ってる人は知ってると思いますがいい言葉ですよね。

いずれ静かな土地で「日が昇れば起き、日が沈めば寝る」生活になった時に心の底から言ってみたい言葉の1つです。

この言葉の深い意味や、自分がこの言葉で感じた事は、また今度ちゃんとした記事で書いていこうと思ってます。

このように梅を見ながら、この言葉を思いだし、ゆっくりと自然を楽しむ人生に憧れを感じた日でした。

最近大変なのが親の移動について

最近の親は調子が良くても、一人で歩くことが出来ませんが、杖と横に介助しながらなんとか歩ける位です。

とはいっても歩けて少しの距離です。

健康の為少しでも歩いてもらい、体力と筋力が衰えないようなるべく、歩くようにしたいのですが、やはり悪い時は寝たきりなので、すぐに座る所を探すかんじです。

しかし観光地や今回のような名所にいくとベンチが埋まっていたり、そもそも座る場所さえない状況もあるので困る事があります。

気になる介護商品

そこで最近気になるのが車椅子と言いたい所なんですが…

私の親は手もうまく使えず、力も入れづらいので自分で車椅子を動かす事ができません。

なので車椅子の利用はしていなかったのですが、介助用の車椅子もあるので、そちらの購入を考え出した所です。

介助用車椅子とは、後ろのタイヤが小さく、手で押して動かす自走式とは違って、介助側で動かすタイプになります。

このタイプのやつだとコンパクトに畳む事ができて、現状の家の車にも搭載可能で持ち運びにも便利なので購入しようと思ってます。

いつでも座る場所の確保ができ、歩ける時は歩いてもらい疲れたら、すぐにどこでも座れる私の親には最適な乗り物かと思います。

もしこのタイプを買ったら商品紹介は記事にしようと思います、使った感じやダメな所など情報をシェアしようと思います。

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!