#2【セカンドオピニオンの必要性(2)】

スポンサーリンク

なぜ離職の道を選んだか(2)

朝一で親が電話で予約をしたまぁまぁ大きい

最寄りの総合病院に連れて行きました。

朝一なので他の患者さんもいっぱい居て

大混雑していました。

とりあえず受付に行き親が朝電話して診て

もらえるとの事を伝えると今患者さんが

いっぱいの為、順番待ちしてくれとの事・・・

まぁ当日電話してすぐ診てもらえるとも

思ってなかったので、待つことに

基本的に総合病院は待って当たり前そして診察

10分で終わって会計でまた長く待たされる

のが私の勝手な思い込みです。
(病院も大変なのはわかってるんですけどね)

そうこうしてる内にも親の容体は悪くなり

手足が震え、動悸があり、心に不安があり

落ち着いていられない状態でした。

親も昔は元気で何一つ大きな病気もなく健康

そのものだったので私もびっくりしました。

これはパニック障害かなと思いました。

当時はスマホも無くガラケーで待ってる間

色々調べましたが、中々情報が乏しく

時間だけが過ぎていきました・・・

話が逸れましたがようやくお昼前に呼び

出され診察をしてもらいました。

はい10分で診察終わりました。

そして親にどうだったと聞いてみると単なる

気持ちの不安からくる軽いパニック障害では

ないかとの事・・・

なので今日はこのまま帰ってゆっくりして

自宅療養してくださいとの事

処方の薬も無くそのまま帰されました。

しかし親は、「いやこれはそんな軽い症状で

はない」と言い不安まっただの中

私はガラケーで色々調べて、その症状に

詳しそうな病院に電話をして何件か当たって

みました。

その中の一つが今からでも診てくれると

いうので、これこそ藁にも縋る気持ちでそちら

の病院に急行しました。

この時すでに昼は回っており焦りと総合病院

なんだからもっとよく診てくれと、悔しい

思いをしながら車を走らせていたのを今でも

思い出します。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする