#20【大腸ポリープ手術の準備・流れ・結果報告(2)】

スポンサーリンク

大腸ポリープ発見して手術そしてそのポリープは陰性か陽性か!?

親が体に異変を感じ最寄りの内科・消火器内科

の専門病院に一人で行き大腸内視鏡検査を受け

診断されたのはポリープがあるという事は

前回までにお話しました。

そしてその後の話になります。

ポリープ切除の日帰り手術の流れ

この時はまだ車の運転も一人で出来ましたが

流石に日帰り手術とはいえ当日は

私が送迎をしました。

まず前日の準備です。

・担当医から事前に食物の皮、種など消火に

悪い物の食べ物の制限などあると思います。

・他、薬を飲んでる方は担当医の指示に従う。

ポリープ摘出の手術当日

・家族同伴で行きます。

・食事は朝から抜きです。

・手術は昼頃から点滴や痛み止めや鎮静剤を

使用する。

・麻酔は局所麻酔

・手術時間は人や病院によってらしいです。

親は1時間位だと思います。

・終わり次第ゆっくりと休憩して

担当医の診察後に帰宅します。

この時いろいろ説明があり、2~3日は

激しい運動は控える、食事は柔らかい物

消火に良い物から食べ始める、禁酒、香辛料

は控えるなど説明があるそうです。

・翌日また受診しに行きます。

と私の親はこのような流れであっというまに

日帰り手術は終わりました。

思った以上に大がかりでは無い感じで

サクッと終わった感じでした。

そして術後へ・・・

親曰く手術の痛みはなくウトウトしていたら

終わった感じと言ってました。

帰宅後の便の出血もさほど見られず順調に

手術は成功したようです。

翌日の受診もすぐ終わり結果が出るまで

安静にしてとの事でした。

しかし問題はポリープの切除ではなくこの切除

したポリープが大病の元になっているかどうか

です。

ポリープ摘出からの結果報告

数日後病院から連絡があり摘出したポリープの

結果報告です。

結果は親一人で病院に行って話を聞いて

きたようです。

私が会社から帰宅後親が結果報告あるというので

聞きにいきました。

どうやら親の顔を見ると安心した顔だったので

結果はいい雰囲気が出てます。

案の状結果は悪性では無いとの事でした。

でもポリープは取っておいた方が良かった

との事でこれでひと安心です。

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする