スポンサーリンク

#25【薬の飲み合わせ 幻覚 幻聴 意識低下 精神崩壊!!(13)】

スポンサーリンク

幻覚・幻聴などの原因

かかりつけの病院

翌朝の親は夜中のような言動や行動はみられず、普通に会話できるようにはなっていました。

そこで「夜の記憶はあるのか?」と聞くと、その時の記憶は一切ないという…

やはり親の脳の中で何か起こってる状態です。

夜中にかなり精神的におかしくなってしまったので、親を通院している病院に翌朝私は仕事を急遽休んで連れて行く事にしました。

病院に着くとすぐに先生が診てくれて、いろいろ問診をしていました。

この時は受け答えも朝以上にしっかりできて、意思疎通ができているので、これが夜中に幻覚や幻聴を起こし、そのまま無意識に行動してた人とは思えない感じでした。

そして、問診、採血、検尿、MRI(脳のレントゲン)など検査していきました。

病院の判断

すぐ結果がわかる物からどんどん説明をしてもらい、MRIの結果は脳には大きな異常はみられないなど説明を受けていましたが、この時は原因がわからない状態でした。

とりあえず現状は話もしっかりでき、行動も落ち着いているので、今日の夜は精神を落ち着かせる薬を飲んで、「また明日きてください」との事でした。

ただし今処方されてる薬は一旦止めて「今日処方している薬のみ飲んでください」と言われました。

その夜

病院に行って脳の結果が大丈夫と言われて安心したのか、親の体調は良さそうでした。

夜寝る前に処方された薬のみを飲んで、親は寝につきました。

私も日頃の寝不足と病院に行って、とりあえずは異常なしと言われて安心したのか、早めに寝る事ができました。

この日の夜の親は普通に寝てくれたみたいで、朝まで私はぐっすり寝ていました。

そして朝、親を確認してみると普通な感じでしたが、若干睡魔が強いらしく、ぼーっとする時もありましたが、これは昨日処方された薬の副作用だと思うので、それほど気にもせず朝一でまた病院に行きました。

親の急病と私の仕事

親がこうやって急な病に陥った時にやはり私は仕事を休まないといけません。

まだ私がこの時に働いていた会社は、理解有る方だと思いますが、私の急な欠勤に柔軟に対応してくれて、仕事を休む事ができたのですが、この時の私の社内の立場は会社からいろいろ任されており、私が抜ける事でかなりの仕事内容や進み具合が、会社にとってマイナスで、いろいろ大変でした。

そうなると私も会社から「親を大事に」と言われて親を病院に連れて行ったり出来るのですが、会社自体(他の社員にも)に迷惑がかかるのが辛く感じてました。

病院2日目

親と私は検査結果と経過を診る為、翌日も病院に行きました。

病院に行って昨夜は何もなく、ゆっくり寝れた事を説明して、また問診や昨日の採血や検尿など、現状の分かる範囲で検査結果の説明を受けました。

しかし現状の結果から、なぜあんな急に幻覚や幻聴や異常行動を起こした原因が、わからない状態で困っていましたが、どうやらこの病院の院長先生今飲んでる薬の話をしだして、お薬手帳を見せてくださいとの事で、お薬手帳を提出しました。

それを見て院長がこの「頻尿の薬いつ頃から飲みだしたのか?」と聞いてきました。

丁度、私は異常行動が見られた頃位と伝えました。

ただ、この頻尿の薬を処方された時も、現状の病気と状態と今処方されている薬(お薬手帳も提出してます)を伝えた上で処方されてる物で、けして処方した泌尿器科の先生が親の状態を把握して無い事はないので疑っていませんでした。

月一で通院してる(今検査をしてもらってる)病院は泌尿器科が無いため、違う施設の泌尿器科の病院です。

院長先生はその頻尿の回数を減らす薬が、現状処方してる精神的に落ち着かせる薬との、飲み合わせが原因ではないかと言いだしました。

そして、便の出具合を聞いてきて「最近出てますか?」の問に親は「最近出てない」と話すと、「体内にずっとこの頻尿の薬の成分が残ってる可能性があるので、今日下剤も渡すので今日出して、体内の物を外に出してくださいとの事です。

薬の飲み合わせ

その頻尿を抑える薬は、現状親の病気に処方している薬との飲み合わせ次第では、幻覚、幻聴、異常行動が見られる可能性がわずかだけど、人によってはあらわれる飲み合わせらしい事がわかり、「一旦その薬だけ飲むのを止めてください」との事、またその泌尿器科の病院に行きその旨を担当医に話してくださいと指示をもらいました。

言われる通り、その足で泌尿器科の病院に行き、いまの経過を説明した所、確かにかなりの低確率で現状の頻尿の薬は親の様な症状がでる場合があるという、ただかなりの低確率なので処方したと言ってました。

そして現状の説明を泌尿器科の先生説明して、家に戻り下剤を飲ませ水分を多く取り体内の物を出すようにしました。

次へ>(制作中)

<前に戻る

<<最初に戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!