#5【高齢者ちょっとの違和感が万病の元かも(5)】

スポンサーリンク

なぜ離職の道を選んだか(5)

検査結果を終えて数週間が経った頃それは

ジワジワと迫ってくるのでした。

最近親は「身体が最近動きにくくなってきた」

と、ちょいちょい言い始めたのです・・・

最初の方は

「歳だから体が鈍ってきたんじゃないの?」

とあまり気にも止めませんでした。

私からしたら精密検査も受け何も無くお医者

さんから太鼓判をもらったものだと思っていた

ので、「心配しすぎだよ」と怒ったりも

していました。

まだこの時の親は通勤もしていたし

車も運転していました。

なのでバックで駐車する時に後ろを直視で確認

する時に

「身体が曲げずらい」

「腰が重たい」

「朝起きるが億劫になってきた」

と時折身体の不調をちょくちょく話してくる

ようになりました。

それでも私は「運動不足なんじゃない?」

「不安からくる心の病で気にするから身体も

そういう症状が出るんじゃない?」

のと、言ってました。

実際親は昔から本やTVの情報によく影響され

がちでTVでトマトが身体の血管をサラサラ

してくれると話題になれば食卓には必ず

トマトがあり、バナナが良ければバナナが

常に食卓にあるという感じの人なので

TV番組で良くやってるこんな症状が出たら

危険信号とかこんな症状はこの病気みたいな

番組を好き好んで観ていたので何かに影響

されて自分なりに色んな病気に当てはめてる

ではないかと推測してました。

みなさんの親もTV世代まっしぐらで今みたい

にインターネットもない団塊世代の親だとTV

の情報を鵜呑みにしたりCMでこれが身体に

良いらしいと聞いたら買い貯めしたりする

世代ではないでしょうか?

そのTV煽りが親の不安を招くのでそういう

TVを観るのは少し自重してほしいです。

まぁそれもそうですよね私たち世代でさえ

小さい頃は固定電話しかなく遊ぶ約束は

固定電話か友達の玄関の前で

「○○君あそぼーっ」

て大声で叫んで夜はみんな同じアニメやら

バラエティーを見て翌日その話題で盛り

上がっては日々を暮していたのですからね

今のインターネットは本当にありがたいです。

ギリギリ今のネット社会になんとかついて

いけて良かったとしみじみ思います。。。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする