#7【親が腎盂炎(腎盂腎炎)親の放置はいけません(2)】

スポンサーリンク

腎盂炎(じんうえん)腎盂腎炎(じんうじんえん)

という急性の病気に親がかかったお話です。

結局4日目になり熱はまだ下がらず

37度~38度辺りをうろついていたので

朝一で病院に連れていきました。

とりあえず検査をしてもらったらインフル

では無かったらしい・・・

しかし、単なる風邪でもないという・・・

では違う病気なのかと不安になりました。

「今すぐは詳しい事が分からないので点滴を

打ってる間お待ちください」との事。

かなり時間がかかると言われ夕方頃には結果が

出るので今日はこのまま点滴を打って病院で

安静にしてくれとの事。

その間採血尿検査、など検査もするらしい

「まさか入院はないだろうな~親の入院の

手続きなんてしたこと無いからわからないぞ」

と思いながら、一旦親を病院に置いていき

犬がお留守番&ご飯の時間なので私は一人で

家に帰る事にしました。

点滴終了、病状が分かったら私宛に電話を

くれる。との事なのでとりあえず家路に

着きました。

夕方位に電話がきて親からでした。

容態を聞いてみると・・・

熱は37度位の微熱まで下がった

点滴を打ったら楽になったというので

「肝心の病名は何??」

と聞いてみると・・・

「腎ふえん?・・じんふ・・ぜん?じん・・・・らしい」

と言いだしました。その時・・・

「えっ!?それってかなりやばいやつ」

と、思い電話しながら目の前のパソコンで

【腎不全】

で調べたらかなり重病な事ばかり書いてある・・・

「大丈夫か?今日入院か??と聞いてみると」

「いや、もう帰れるという」

「えっ?腎不全って大病じゃないのか??」

と聞いたら

「じんうえんって病気だぞ」

って言われて

「なんじゃその病気??」

と思いパソコンでまた調べてみると・・・

どうやら【腎盂炎(じんうえん)】という

病気らしい・・・

ここで>【腎盂炎(じんうえん)】とは・・

※子供から大人までかかる病気の一つ高熱、寒気、倦怠感などの症状は風邪の様な症状、腰や背中が痛くなったり、排尿の際、違和感あったりと、人それぞれかなり風邪の症状に似ている。

のでやっかいらしい、どうやら

腎盂内(腎臓内の尿が貯まる所)で細菌が

繁殖して腎臓に炎症が現れた症状の事らしい

別名というか炎症になると

【腎盂腎炎(じんうじんえん)】

という病名になるらしいがとにかくこのような

診断が出ました。

これ以上詳しい事は各自で調べてくださいね。

ただ風邪の症状と変わりない症状なので

※高熱が出たら早めに病院へ行きましょう!

ほっとした様な聞き慣れない病気なので

少し不安な気持ちでしたが、とりあえず

治るらしいので一息つきました。

その日の夜に迎えに行きました。

手遅れになると重病化する怖い病気でもある

のでまだ軽い状態でましな方だったらしい。

親の放置はいけません!

そしてやはり正月の状態は脱水症状

脱水症状の方が危険な状態だったと医者に

言われ危なかったんだと改めて

親の放置は危険だったのかと反省しました。

こんな病気もあるのでみなさんも気をつけて

くださいね。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする