スポンサーリンク

髙儀EARTHMANのコーナーサンダーCSD-144LiAX

スポンサーリンク

サンダー(電動ヤスリ)はDIYの作業効率を図るのに抜群!

スポンサーリンク

手でやるヤスリ掛けは大変

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

私は以前、内装、外構など若い時に職人として働いていた経験から、あらゆる工具を使ってきました。

そんな私が今回おすすめするのは、この「サンダー(電動やすり)」になります。

これはかなり便利なのでDIYの時も重宝する1つです。

DIYによく使う材料といえば木材ですね。

そして木材の加工に大事な作業といえば、ヤスリかけです。

木材を「切った断面」「角ばっている所」「木のささくれ」が出来ている所などにヤスリは掛けたい所ですね。

ヤスリ掛けですぐに思いつくのは、ペーパー(正方形の紙)を想像すると思います。

小学校の頃の図工の時間を思い出しますね。

しかし、そのペーパーヤスリも安価で手に入るのいいのですが、ヤスリを掛けたい木の材料の面積が大きいとこれを手でやるとなると相当な時間と体力を消耗してしまいます。

おすすめのサンダー(電動ヤスリ)

そこで今回私が購入し、おすすめするのが「髙儀 EARTHMANシリーズのコーナーサンダーCSD-144LiAX」になります。

上記の画像のように面でヤスリをかけてくれて、しかも電動なのでそのまま少しチカラ押す感じで板の面に当てるだけでOKっていう工具になります。

このような外箱になっております。

髙儀 EARTHMANシリーズ

この髙儀 EARTHMANシリーズは一つのバッテリーであらゆる、電動工具に対応してるので、バッテリー1つでいろんな工具を使う事が可能になっております。

そして今回紹介する「コーナーサンダーCSD-144LiAX」はそのEARTHMANシリーズになります。

CSD-144LiAXスペック
●モーター電圧:DC14.4V

●無負荷回転数:約9,000min-1

●ストローク数:約18,000min-1

●オービットダイヤ:約1.0mm

CSD-144LiAXのセット内容

■コーナーサンダー本体X1

■ダストバッグX1

■サンディングペーパー(#80・120・180X各1枚)

■収納袋X1

■取扱説明書X1

ちなみにバッテリーと充電器は別売りになっています。

サンダー(電動やすり)の使い方

この上記の三角のやつが、ヤスリ(サンディングペーパー)になっており#80・120・180と付属されていますが、別売りでほかのヤスリ番号もあります。

このサンディングペーパーの裏面はマジックテープになっており、本体に貼り付けて使います。

そしてこのサンディングペーパーが古くなったら、新しいの貼り変えるという使い方になるので、脱着も凄く楽になっています。

また、社外(純正品と穴の数は違います)でも、このヤスリも安価で1セットでいっぱい入ってる物も売ってるので、そちらをストックとして買って置きました。(あくまで社外品なので自己責任で)


Joyoldelf サンドペーパー サンディングディスク サンダー用 紙やすり 60枚セット40/60/80/100/120/180/240/320/400/800 5穴あき 三角形 DIY、ホビー、キッチンやトイレの掃除に

これで手動でやるより遥かに効率があがり他の作業に時間を充てる事ができますね。

またダスト袋も付いてるので、材料の木材の削りカスが飛び散らないようにもなっています。

実際使ってみて

使用した感じは、最初慣れないとバタつきはありますが、身体が慣れてくるのか、慣れると普通に使える感じですね。

そしてコードも無くかなり使いやすく、1820X910の2枚分の8カットした板の面取りと、面のヤスリ掛けをしましたが、相当な時間効率があがり手作業との差が大いに感じられる工具の一つですね。

これからこのヤスリを掛けた板にペンキで塗装できそうです。

この髙儀 EARTHMANシリーズの「IDR-144LiAインパクトドライバー」を買ってると充電器とバッテリーが付いてる物もあるので、まず入門としてインパクトドライバーを買って置くと、工具の幅が広がり、このような単品工具も安く買う事ができます。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!