スポンサーリンク

【アウトドア.車中泊.防災におすすめ!suaoki S270 電源】

スポンサーリンク

大型ポータブル電源suaoki S270

スポンサーリンク

今回のsuaokiのS270の紹介です。

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

2019年12月6日にあのポータブル電源などで有名、そして当サイトでも何度も記事にしてきて、皆様の反響もいい「suaoki」からのポータブル電源の新商品の紹介になります。

私の(@wisteria_)Twitterのつぶやきにも公式のsuaoki様から「いいね」頂いております。

前回に続き今回もsuaokiの商品です。

買った時期はバラバラですがS270を買ったので商品レビューしますよ。

前回のsuaokiのソーラーランタン記事

S270商品紹介

まず買った理由は丁度楽天でこの商品が期間限定で安くなっており勢い任せにポチってしまった物ですが・・・

最近の異常気象、地震による停電などが、増えてきたから防災も含めて買いました。

大型とはいえこの【s270】容量は

■suaoki S270 40540mAh/150Wh

私が今欲しい大型ポータブル電源の【G500】の容量は

■suaoki G500 137700mAh/500Wh

と比べると容量は劣りますが…

このS270S270の長所もありポチりました。

小型のポータブル電源にも多くのメリットがあります。

おすすめsuaoki-S270のスペック紹介

まず外観はこんな感じです。

●USB出力ポート(4口)

●急速充電規格QC3.0(1口)

●最大18W(5V/2A、9V/1.5A、12V/1A)

●USB(3口):5V/最大2.1A

4口もあるので自分のスマホの充電以外にも、家族の充電や他のUSB対応の証明器具の充電など便利に使えますね。

1口だけだと効率が悪いですから4口は助かりますね。

いまや情報元はTVやラジオ以外にもリアルタイムで欲しい情報が、ピンポイトで手に入るスマホやタブレット充電は不可欠です。

災害時はいかにすぐ正確な情報を、手に入れるかで後々の生活にかかわってきます。

なのでスマホなどの電池残量は確保したい所です。

AC100Vのコンセントで家庭用の電化製品も使用可能

●ACコンセント(2口):110V/60Hz 100W(瞬間最大150W)

このACコンセントが便利!

小型の家庭用電化製品が使えます。

もちろん100VなのでノートPC、扇風機、電気機器の充電なども使えます。

DCポート(4口):12V/120W(瞬間最大15A/180W)

充電方式も便利な3Way充電式

■充電入力端子

直接コンセント・車・ソーラーからの充電が付属品を使って可能となっております。

車中泊中に車に繋いで走行充電もできますね。

これはありがたい。

■3Way充電式

●家庭コンセント充電(ACアダプタ付き)・15V/2A
●ソーラー充電(接続用のコード付き)・12-20V
●シガーソケット充電(車充電器付き)・12V

付属品紹介

・シガーライタープラグコード

・シガーライターメスソケット

・ソーラー充電ケーブル

 (MC4-DCプラグ3.5mm*2.1mm)

・ACアダプター充電器

付属でついているので便利ですね。

LEDライト:常時点灯とストロボ対応で万が一の時すぐに明りの確保ができます。

真上から見た所電源と電池残量計で、取っ手も付いてるの持ち運びも楽ちんです。

電池残量は青い光で知らせてくれますよ。

底面はスペック表ですね。

取説も日本語対応で安心です。

もちろんソーラー充電にも対応してます。

ソーラーパネルは付属してませんがソーラーパネルを繋ぐとより一層活躍の幅が

広がりますよ。

これさえあれば太陽が出てる間は充電してくれるので、昼間充電して夜その電気を使う事が可能です。

なのでゆくゆくはソーラーパネルも買って、より一層快適に車中泊や防災に役立てていきます。

その他高機能な所がまだあります!

■MPPTチャージコントローラー内蔵

ソーラーパネルからの発電電力を、最大効率で引き出す最大電力点追従機能(MPPT)機能付き

充電時間短縮が可能となります。

■バッテリーマネージメントシステム(BMS)

リアルタイムにリチウムバッテリーの電圧や、温度などをモニタして管理するシステムにより安全な使用を確保できます。

この手軽さをわかりやすく比較

こちらにスペック表を載せておきます。

184.5×109.5×118.5 mm 重量:1.3 kg

これで車中泊中でも少しのPC作業なら不便なく使えますね。

これスペック表で見るよりかなり小さく、軽いんです。

なので持ち運びに凄く楽なんですよ。

缶コーヒーと比較してみると、こんなにコンパクト!

数字で見るよりこの比較で、どんだけ持ち運びに適してるかが分かりますね。

私も商品の実物をみて改めてこのコンパクト設計に驚いたか。

なので普段は家に置いておいて、車中泊に出る時は手軽に積み込んで出かけられます。

s270は電気毛布は使用出来るのか?

まずこのs270は正弦波では無いので精密な機能がある家庭用家電は使えないです。

その正弦波に似せた修正正弦波(疑似正弦波)というのを採用しており電気毛布でも自動制御で温度調整してくれるタイプだとエラーが起こったり、そもそも電源が入らなかったりしますので注意してくださいね。

ただその中でも比較的価格が安価な電気毛布だと、自動制御の温度調整機能が付いてないので丁度家にある安い電気毛布で試しました。

このs270のバッテリー容量が150Wh (3.7V 40500mAh/11.1V 13500mAh)なので、計算上は30W位の電気毛布の消費電力なら5時間弱位はもつんではないでしょうか。(使用環境によります)

■家の電気毛布で試しました。

温度の強さは弱~中の間位で試した所、製品的にはちゃんと動いてしっかり電気毛布を使える状態なりました!

気になる継続時間は4時間30分位でした。

まずまずの働きでこれを寝る前に電気を入れ、朝方には切れてる感じで、十分に布団の中は温めてくれました。

この価格でこの容量で電気毛布を使えるなら合格点ですね。車中泊が捗りますね。

s270購入レビューのまとめ

このs270は価格が安価でコンパクトで持ち運びに便利で充電もコンセント・車・ソーラーといろいろできる点ですね。

長期で使う時はもっと大きい容量の多くて正弦波のG500がおすすめですが、どうしても内部の容量が多くなると重さが比例して重くなるので、通常に使う分にはこの位のs270が最適でおすすめですよ。

防災観点からも家に1台あると安心ですね。


合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!