#2【2018年初めての高齢者講習の内容】

スポンサーリンク

【2018年初めての高齢者講習の内容】

この度私の親も【初めての高齢者講習】

時期がやってまいりました。

70歳以上になると必ず受けないと運転免許の

更新ができな大切な講習です。

先日親の付き添いで行ってまいりました。

その時やった内容を親の話と含めて

書いておきます。

※ちなみに地域、自動車学校、担当者、

時代、などその時や場所によって

詳細は変わると思ってくださいね。

今回は私の場合のお話なので

今後受ける方の基礎知識として参考

までに。2018/4

【運転免許証更新のための講習受講のお知らせ】

から最寄りの高齢者講習の受講できる

教習所に予約が取れその予約日がきました。

その昔私が若い頃免許を取りに通った教習所で

20年以上ぶり母校です(笑)昔と変わって

なく懐かしくなりました。

昔よくキャンセル待ちをしていた椅子やテーブル、

受付の雰囲気などまだ昔と同じで

懐かしかったなぁ~ただ時期も時期で教習所内

は若者は少なく、殆ど高齢者講習を受ける

人たちでした。

これも時代ですね昔は若者でごった返しで

キャンセル待ちなどで賑わっていたのに・・・

さて本題です。

まず当日持って行くものチェックです。

・【運転免許証更新のための講習受講のお知らせ】

  のはがき

・運転免許証

・講習手数料¥5.100

・筆記用具(忘れても貸してくれます)

・必要な方は眼鏡、補聴器等

・運転に適した服装

以上が持って行くものです。

ちなみに平成30年4月1日より講習料の【手数料が改正】されており以下の金額になってますのでご注意を!

4650円→5100円に改定

予約30分前に親を連れて教習所に向かい、

受付に行って【お知らせのはがき】

【免許証】を渡し先に【手数料】

先払いをします。

その場ではがきと免許証は却ってきます。

この時受付の人に親の身体が不自由

なので、付き添える所は付き添います

一言かけると良いでしょう。

私の場合ある程度は付き添いできました。

親も安心してました。

予定より早く着いたのでしばらく椅子に

座って開始時間を待ちます。

親の身体が不自由な方は早めに手続き

して待っておくといいでしょう。

開始の時間です。

教習所内にアナウンスが入ります

「高齢者講習を受ける方は○○まで

お越しください」

と流れるのでその指示に従います。

そこで教室みたいな部屋に案内されます。

私はその部屋の外で待機です。

中の内容は親の話を聞いて書きます。

ちなみに私の所では1講習あたり

十数名の構成でした。

想像では40名位でやるのかなと

思っていたのですが結構

【少人数】です。

・まずこの講習の意味なぜ受けるのか

・そして今日のおおまかな流れ

・双方向型講義とビデオによる座学(30分)

・検査器を使って行う運転適性の指導(30分)

・教習所のコース内運転指導(60分)

の2時間です。

そして必要書類の記入を2枚書きます。

・一枚目は日付、名前、住所を書き

・二枚目はちょっとした質疑のチェック

・運転歴はどの位か?

・運転には自信があるか?

・最近車は乗ってるか?

・運転中ヒヤリとした事があるか?

・普段の運転はAT(オートマ車)か?

・MT(マニュアル車)か?

などです。

どうやらこの質疑の内容で運転する

グループを作るみたいです。

次へ>

<<最初に戻る





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする