#3【2018年初めての高齢者講習の内容】

スポンサーリンク

【2018年初めての高齢者講習の内容】

この度私の親も【初めての高齢者講習】

時期がやってまいりました。

70歳以上になると必ず受けないと運転免許

の更新ができな大切な講習です。

先日親の付き添いで行ってまいりました。

その時やった内容を親の話と含めて

書いておきます。

※ちなみに地域、自動車学校、担当者、時代、

などその時や場所によって詳細は変わると

思ってくださいね。

今回は私の場合のお話なので今後受ける方の

基礎知識として参考までにしてくだい。

2018/4

さて前回の続きです。

プリントを2枚制作して名札を受け取り名札を

首にさげそのあと車社会の実態や交通事故

の特徴、安全運転の心構えと基礎知識等

などの話を聴き、ある程度時間が経つと

ここから運転組と目の検査組にわかれました。

ここで私の親は運転組で部屋から出てきました。

車には3人と教官の計4名が乗り込み

交代で運転をしていました。

内容は普通の教習所内を運転するのみ、

エンジンのかけ方、アクセル、ブレーキの

しかた、など本当に初心者でも

ペーパードライバーでも大丈夫な

内容になっています。

うちの親もここ何年ももう運転してなくて

始まる前までは不安そうでしたが・・・

安心してください。

乗り上げても、一時停止で止まらなくても

(よっぽどの事が無ければ?)

試験に落ちる事はなさそうです。

大切なのは講習を受ける事だそうです。

なので最近話題のコンビニに突っ込んだり、

アクセルとブレーキを間違えて人混みに

突っ込んだりするニュースがあるためか、

わざと車止めの所に車を停めてそこから

アクセルをおもいっきり

踏んで車止めを乗り越えたらすぐに

ブレーキを踏むなどの実技もやったそうです。

その中でもできる人できない人がいても

講習自体はOKなので気を楽に臨んでも

大丈夫そうです。

その後無事に講習を終え先ほどの部屋に戻る

ように指示があり今度は目の検査これは通常

の視力、動体視力、明るい所から暗い所に

なった時の視力、視野の広さを測る検査を

して少しだけ〆の話をして

終わりのようでした。

この時視力が悪くても講習が不合格になる

事は無いそうなので

安心してください。

ざっと2時間の内容でした。

そして私の親の結果は・・・

無事講習終了証を頂きました。

この度お世話になった教習所のみなさま

お世話になりました。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする