スポンサーリンク

GeForce NOWとは?クラウドゲーミングとは?Stadiaの現状

スポンサーリンク

NVIDIAが本格始動のGeForce NOW

© 2019 NVIDIA, the NVIDIA logo, GeForce, GeForce NOW are trademarks and/or registered trademarks of NVIDIA Corporation in the U.S. and other countries.

© SoftBank Corp. All rights reserved.

スポンサーリンク

新しい形のGeForce NOW

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近コンシューマー機の「PS5」や「Xbox Series X」の話題でも盛り上がっていますね。

そして以前にこの当サイトでも取り上げた、新しいゲームの形のGoogleが開発した話題の「Stadia」ですが、発売以来(世界14か国でスタート日本は未発売)全然話題にあがってない状況です。

業界中話題のSTADIAの販売時期が2019年11月と発表!

前回の記事でもお話しましたが、どうやら発売前の発表の時点で、利用者の反応がとても悪く、そのまま下火になり日本の方でも話題になってない状況です。

これからの動向に注目したいですね。

Googleは新しいサービスでも人気が出なければ、いきなりスパッと切りますからね。

なのでソフト側も警戒してソフト提供を渋る感じも否めませんね。

そして今回紹介する、新しいゲームの形のNVIDIA Corporationの「GeForce NOW」を解説していきます。

NVIDIA Corporationとは

NVIDIA Corporationとは、パソコンのグラフィックの処理や演算処理を行うGPU(Graphics Processing Unit)を、販売・開発や販売をしている会社です。

ゲーミングパソコンなどでよく目にする部品でグラフィックボードなどの販売をしてるので、知ってる方も多いと思います。

GeForce GTX 1050 Ti・GeForce GTX 1080 Ti・NVIDIA TITAN X・GeForce GTX 1660 Ti・GeForce RTX 2060など見た事ある品番もあるのではないでしょうか。

これにより、3Dの高負荷のかかる高解像度のゲームや、動画の編集など役にたってる大切なPCパーツの一つですね。

GeForce NOWとは

そして今回の「GeForce NOW」というのが、GPUでも有名なNVIDIA CorporationがSoftbankと提携して開発・提供する新しいゲームの形の一つになります。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」

このゲームの最大の特徴は、クラウドゲームと言われているジャンルになります。

最近いろんなパソコンのアプリがクラウド化していますが、ゲームもこの流れの色が多くなってきてます。

どうしてもコンシューマー機だと、新しい機種の本体を毎回購入しないといけないし、ゲーム自体もパーッケージを購入したり(一部はダウンロードで買う事はできる)、次世代機が出ると現行機のソフトが動かないなどの、弱点がありました。

しかし、クラウドゲームだとPCやスマホやパッドなどの、いろんな機種で新しいゲームができるのが最大の特徴です。

クラウドゲームの特徴

クラウドゲームは膨大なゲームのデータを、遠く離れたサーバーで管理されている為、プレイヤーはそのデーターをストリーミングするだけなので、多様な機種でゲームができる仕組みになっています。

しかも回線速度に大きく左右されますが、推奨スペックなら低遅延・高画質なゲームが楽しめるという。

・Macの環境は10.10以上。

・Windows環境はWindows7 64bit以上。

・スマートフォンではAndroid5.0以上。

メモリ2GB以上。

そこまでのハードルの高い推奨スペックではなさそうですね。

ソフト面もかなり充実しているようで、いろんな有名所のゲームが楽しめそうです。

気になるサービス開始時期は

ゲームタイトルは個別にデジタルストアで購入いただく必要があり、有料コンテンツの場合、別途費用がかかります。

出典:GeForce NOW HP

日本では2020年6月にサービス開始を予定しているようです。

現状公式サイトの方で事前登録の募集をしています。

月額料金は1,800円(税抜)で今なら○月まで無料・半額などの、特典が付いていいます。

ただネット界隈の話題だと、「値段的には強気で高い!」と言われていますが、それを上回る使い勝手の良さや、ゲームの充実が期待されます。

そんな所も、これから先の「GeForce NOW」には注目をしていきたいですね。

ゲーム自体は有料のモノは買わないとダメです。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!