スポンサーリンク

業界中話題のSTADIAの販売時期が2019年11月と発表!

スポンサーリンク

2019年6月7日未明に「SATDIA」のGoogleから発表がありました。

スポンサーリンク

発表内容は?

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

以前このブログでも取り上げた、Googleの新しいゲームストリーミングのプラットフォーム「STADIA」(ステイディア)の発表を2019年6月7日に「StadiaConnect」(最新情報を伝える)が世界に向けて配信されました。

まずは気になる発売時期なのですが、【2019年11月】との事です。

やはり年末商戦にもってきましたという感じですね。

欧米を中心とした14ヵ国で販売開始
米国・ベルギー・カナダ・デンマーク・フィンランド・フランス・ドイツ・イタリア・アイルランド・オランダ・ノルウェー・スペイン・スウェーデン・英国

となっています。

そしていつものように、日本は含まれておりません…こういう所も昔ながらですね…

日本のゲーム市場も小さくなるばかりですね。

なので日本のサービス開始は2020年以降にサービス開始になると予想します。

いろいろコースがあるらしい

今回発表した中にコースがあるのでその紹介

「Stadia Base」基本無料コース

Stadiaで購入したゲームを最大1080/60fpsで音にかんしてはステレオサウンド(5.1chサラウンドサウンドは非対応)でプレイ可能でゲームにかんしては、個々でゲーム単体を買う感じのようですね。

HD画質・720p/60fpsで遊ぶ場合はこのレベルだと10Mbps以上の速度ほどの安定的に供給する回線が必要。

「Stadia Pro」月額9.99ドル(今現在レート約1083円)コース

4K/60fps・HDR・5.1chサラウンドサウンドでプレイ可能で、このレベルで遊ぶには速度を35Mbpsほどの安定的に供給するインターネット回線が必要との事です。

フリープレイのゲームがライブラリに追加されるので無料で遊べるゲームもある。他にも割引特典もあるとの事です。

■期間限定「Stadia Founder’s Edition」129.99ドル(約1万4092円)

こちらは米サイトで期間限定として予約販売が開始です。

・同サービスを最初に利用する権利

・限定版のコントローラ

・「Chromecast Ultra」ストリーミングデバイス

・「Stadia Pro」の3カ月利用権

・「Stadia Name」(ユーザー名)を取得できる権利

・友達1人分のStadia Pro3カ月利用権

・『デスティニー2』の全コンテンツ

約300ドル(約3万2530円)相当のEditionとなってますね。

今回発表したソフトの一覧はこちら

・デスティニー2
・サムライスピリッツ
・トゥームレイダー トリロジー
・ボーダーランズ3
・The Elder Scrolls Online
・ディビジョン2
・ファイナルファンタジーXV
・ドラゴンボール ゼノバース2
・アサシン クリード オデッセイ
・DOOM Eternal
・Darksiders Genesis
・Wolfenstein: Youngblood
・Power Rangers:Battle For The Grid
・ザ クルー2
・Football Manager 2020
・トライアルズライジング
・Rage
・ゴーストリコン ブレイクポイント
・Thumper
・NBA 2K
・モータルコンバット11
・Just Dance 2020
・Farming Simulator 19
・Get Packed
・メトロ エクソダス
・GRID
・バルダーズゲート3

対応機種

サービス開始時には、まずデスクトップPC、ノートPC、タブレット、Chromecast Ultraテレビストリーミングスティック、「Google Pixel 3」スマートフォンに対応する予定。

スマートフォンや「iPhone」などの他の物にかんしては、その後随時対応する予定との事です。

コントローラーの価格

Stadia専用コントローラも販売が確定しており、Googleアシスタントにアクセスするボタンと、キャプチャーボタンが付いている。

Stadia専用コントローラ 単品は69ドル(約7482円)

カラーバリエーションは、クリアリーホワイト、ジャストブラック、ワサビの3色。

どうやらこの専用コントローラへの入力は、グーグルデータセンターに直接送られるので、かなり快適なプレイが楽しめるらしいが、さすがボタン一つのデータさえなんでもデータとして吸収するようですね。

ここにもビックデータの価値を重要としてますね。

このデータを元にまた新しいゲームの開発に活かしてくるのでしょう。

従来のPCで使ってる、マウスとキーボードや、サポートされているコントローラでも遊べるようなので、そこは安心してくださいとの事。

まとめ ネットの反応

このニュースが発表されてからネットでも話題になってますが…

やはり大きく取り上げられたのは、「がっかりした」「期待値が高すぎた」「思っていたのと違う」など、かなり想像していた新しいゲームのプラットホームの業界が激震する程の内容には、なっていないようでした。

やはりと言うべきか「サブスクリプション」も当て込んでる辺り、これじゃ「PS4Pro+PSプラスの単なる上位互換」という声も聞こえてきました。

たしかにソフトのラインナップもこれといった物もないですし、今の所PS4があればそこまで欲しいプラットホームでも無いですし、PCのSteamで遊んでる層ならSteamで十分な気もしますね。

ただし、これからもStadiaの新しい情報は出てきます。

これからの新情報を期待しましょう。

これらの情報は現段階の予定です。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!