スポンサーリンク

厚生労働省発表の19年の出生数が1~9月で5.6%減の67万人

スポンサーリンク

先日厚生労働省が人口動態統計で発表

スポンサーリンク

今の日本の出生率が大変

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

先日こんなニュースが入ってきましたね。

厚生労働省発表の人口動態統計(速報値)によると…

■2019年の1月から9月に生まれた子どもの数

約67万3800人と前年の同期に比べると、5.6%も減ったという。

少子化のペースが加速している。厚生労働省が26日発表した人口動態統計(速報)によると、1~9月に生まれた子どもの数は67万3800人と前年同期に比べ5.6%減った。

2019/11/26 19:00 日本経済新聞 HPより

■最近のデータでも1989年以来の1年間の出生数が5%を超える減少値となった。

そしてこのまま行けば、2019年は約30年ぶりの大幅減となる可能性が濃厚になってるようです。

■しかもこの減少数は日本人以外の外国人の方も含めた数字なので、純粋に日本生まれの日本人の出生数だけだと約3万人も減ると言われています。

この先の日本の人口減少で何が起こる?

去年の出生数は100万人を割った91.8万人、そして今年の現状の67万人80万人後半の90万人割れをする勢いです。

この状態が続けば日本の人口は減っていく事は目に見えて分かる事で、その少ない人数でこれから先の、一番人口の多い世代の超高齢化社会を支えていかないといけません。

今年生まれた子供が20歳を迎えた時、ロストジェネレーション世代(今40代)が60歳になりその5後からは年金の支給も始まります。(制度が変わり70歳から支給かもしれません)

そしてその上の年齢の方の医療費も相当上がっていくでしょう。

今政府は75歳以上の病院窓口の負担も1割から2割へと引き上げを行おうとしてますね。

病院などの窓口負担 75歳以上は2割に引き上げで検討 政府
2019年11月28日 5時12分

全世代型社会保障制度の実現に向け、政府は、75歳以上の人の病院などでの窓口負担を原則1割から2割に引き上げる方向で、検討に入りました。

NHK NEWS WEBより

つまり現状でこのような状態になってる中、何も手を打たないでいくと、これからの国民の負担や日本の先の見えない状態が続くという事ですね。

しかもこの人口減少はそれだけでないという事です、いろんなこの先の日本の不安定要素の根源になっていく事もこの少子高齢化は頭にいれておかないといけません。

今真剣に将来の事を考えて行きましょう

今企業に勤めていても安定はありません。いろんな大企業がリストラという仮面も被った「早期退職」者を募っています。

最近でも大手大企業の管理者100人の50歳以上の早期退職を募集したニュースになっています。

ほかでもこういうニュースは毎月のごとくどこかの企業はおこなっているわけです。

50代といえば、まだ「住宅ローン」や「子供の進学」なので、まだお金のかかる世代なのにこの状態です。

しかも東証一部に上がってる大企業でこの状態ですから、中小企業はもっときつく辛い時期に突入していくと思います。

中小企業の怖さ

消費税増税に伴い小売業の負担が大きく、レジの設備や増税対策の投資、軽減税率の混乱などで、体力の無い企業の倒産件数も増えています。

状況は一刻一刻変わってきてます。

今車は電気自動車などや自動運転に流れがきています。

電気自動車の設計はガソリン自動車の設計より簡単だと言われています。

ガソリンエンジンには相当精密な部品が多く使われて設計されていますが、電気自動車のエンジン部分のモーターそこまででは無い為、電気自動車にシフトしたら相当な部品を扱う企業もきつくなるでしょう。

下請け、孫請けや物流などいろんな影響も出てきますね。

この状態で今安心して子供産むというのは、とても難しいですよね。

なので今から個人でも生きていける、知識や能力を身に付ける事が急務となっているでしょう。

もうすでに動いてる人は動いています。

なるべく早く人生設計の再確認や再構築をしていきましょう。

まずは人生設計の見直し

住宅ローン、将来子供にあとどのくらいお金がかかるのかなど、いったん計算しておおよその金額を把握する事も大事で、その金額と定年までの逆算などしていきましょう。

そこで少しでも不安があるのなら、今すぐに行動に移しましょう。

これから先暗いニュースばかりではありません。

明るいニュースや伸びる産業も多くあります。

これらの情報をいち早くキャッチしてそこでなにかできるようにして行きましょう。

いまではYouTubeやブログ製作や未来に向けての投資や新しい産業の立ち上げイラスト提供や動画編集など、ひと昔前ではそんなことでお金稼いでどうするの?っていうレベルのものでも今はそれでも稼ぐ事ができる術の一つなのです。

AI・5G・ロボット・IOTなどこれからですからね。

関連ないと思う物も実は新しい産業にかかわってるっていう事です。

そういった物に詳しくなり、いつでも潰しの効く強い人間になっていきましょう。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!