スポンサーリンク

ドラクエのダイの大冒険が完全新作アニメとして2020年秋に蘇る

スポンサーリンク

ジャンプ黄金期を支えた一つあのダイの大冒険が再びアニメ化

(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会

(C)SQUARE ENIX LTD.All Rights Reserved.

スポンサーリンク

完全新作でアニメ化

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

2019年12月21日の昼頃入ってきたニュースです。

今開催中の「ジャンプフェスタ2020」のスクウェア・エニックスのブースイベントでの急遽、特報映像という事で電撃発表したようです。

あのドラゴンクエストを題材にして、ジャンプの黄金期の中でも人気な「ダイの大冒険」が、なんと完全新作で28年ぶりに完全新作でアニメ化するという。

うぇすてりあ世代では、大注目のニュースなので少し掘り下げてみてみましょう。

まずこの「ダイの大冒険」とはどんな感じだったのかを振り替えます。

追記 ドラクエの日特別番組 ドラゴンクエスト ダイの大冒険 最新情報

©三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会

©SQUARE ENIX LTD.All Rights Reserved.

YouTube「Vジャンプチャンネル」で配信します!

2020年5月27日(水) 20:00スタート!

2020年秋に完全新作アニメーションの放映が決定した「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」。

新作アニメの続報や気になるキャラクターの声優陣、そして本作を題材としたゲームタイトルの最新情報をお伝えする生放送番組が配信されます。

番組は「ドラゴンクエスト」シリーズが誕生した記念日である5月27日(水)「ドラゴンクエストの日」の20時より、YouTube「Vジャンプチャンネル」で配信されます。

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のゲーム化プロジェクトの全貌も本番組で明らかとなりますので、ぜひご覧ください!

出典:ドラゴンクエスト 公式HPより

ダイの大冒険とは

元々は現スクエニの合併前のエニックスが発売していたRPG「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観を取り入れた漫画の作品になります。

掲載誌は『週刊少年ジャンプ』で連載していました。全343話。

漫画の掲載情報は1989年~1996年までの間の7年間掲載されていました。

正式名称は「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」

1995年新年3・4号合併号の時にジャンプの歴代最大発行部数653万部を突破した時にも、あの「ドラゴンボール」「るろうに剣心」「ジョジョの奇妙な冒険」「スラムダンク」と共に連載していた作品です。

当時のジャンプはまさに黄金期と呼ばれ、この「ダイの大冒険」はジャンプ黄金期を支えた作品一つです。

そして単行本の累計発行部数も4700万部を超える程人気の漫画でした。

すでにアニメ化はされている

「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」は漫画の人気もあり、東映動画制作でアニメ化もされています。

1991年10月17日~1992年9月24日(木曜日)19:00~19:30

TBS系列で放映されていました。(首都圏内)全46話

この時は大人の事情により、漫画との内容も変化されてしまい、1年で終わってしまったという悲しい歴史もあります。

そんな「ダイの大冒険」が2020年秋に完全新作として蘇るという。

これは当時の空気を知る人間としては、「ダイの大冒険」の新アニメ化は感動もののニュースとなりました。

豪華スタッフ集結

原作:三条 陸

漫画:稲田 浩司

監修:堀井 雄二

というメンバーで制作される事がわかっております。

そちらのコメントも載せておきます。

■原作:三条 陸コメント

「『ダイの大冒険を最新の技術で再びアニメ化したい!』。

そういうリアルタイム世代の方々の声を聞いてはいましたが、2020年、ついにその夢が実現することになりました!

連載当時の読者が作品を作れる年齢になったのです。

スタッフの熱いトークを聞いているだけで感動してしまいます。

再びダイたちが帰ってくる日が、今から楽しみです!!」

■漫画:稲田 浩司

「初めて”ダイの大冒険”を知ることになる方々に、そして知っている方々にも、興味を持って観ていただける作品になってくれればうれしいです。

以前アニメにしていただいた時とは、制作方法などいろいろ変わっているようなので、新しいアニメのダイたちが、どんな風に動きまわるのか楽しみにしています。」

■監修:堀井 雄二

「『ドラゴンクエスト』をコミック化するにあたり、世界観は同じにするが、ゲームとはまた違った物語にしよう。

そんなコンセプトで、三条先生、稲田先生にコミック化をしていただきました。

当時アニメ化もされましたが、長き時を経て、現在の最新の手法で、再びアニメ化されることになりました。

こんなうれしいことは、ありません。期待感いっぱいです。早く見たいです!」

完全新作としての不安

しかしここでの最近の業界の闇があります。

今年の前半の話題でもあがった「ドラゴンクエスト/ユア・ストーリー」の映画化でもあるように、不安は大いにあるのが現状ですね…

しかもこの「ダイの大冒険」も「完全新作」と「アニメとCGのハイブリットアニメ」という事で、不安要素満載になっています。

そしてまた声優が芸能人起用になったら…

原作そのままで今のクォリティーでのアニメ化で十分なのですが…

なぜか斜め上にいってしまう、この「原作の漫画・アニメ」のコンテンツを「実写・映画化」して原作イメージをぶっ壊してしまう!という流れが、なぜ毎回起こってしまうのかが、謎の業界の部分でもあります。

この流れも大人の事情が絡んでるのでしょうかね…残念です。

ゲーム化も!?

そしてもうひとつ情報ですが、ゲーム化も同時進行してるという事です。

多分スマホゲームだと思いますますが、お金を吸い上げるゲームではなく、純粋にゲームを楽しめる時代にまた戻って欲しいです。

とはいえ、はやり楽しみである事は変わりなく当ブログでも「ダイの大冒険」アニメ化・ゲーム化は随時追っていきますよ!

あの「ダイ」や「ポップ」や「マァム」や「アバン先生」など、懐かしいキャラクターにまた会えるだけでもうれしいですね。

よく傘やホウキや枝でアバンストラッシュしていたのは良い思い出^^

更新はTwitter(@wisteria_)でも更新していきますので、Twitterもチェックしておいてくださいね!

合わせて読みたい記事




作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

アニメってふと当時の思い出も同時に思い出してくれますよね

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!