スポンサーリンク

楽天送料無料問題で緊急停止命令を公正取引委員会が申し立てへ

スポンサーリンク

公正取引委員会が東京地裁に申し立てた

スポンサーリンク

楽天市場の送料無料問題に進展

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

2020年2月28日にこんなニュースが飛び込んできました。

楽天経済圏で生きる私としても注目している事柄の一つです。

それは過去記事でも取り上げていますが、楽天市場の送料無料問題です。

前回、2020年1月29日(水)独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会は、楽天相手に調査に入った事をお伝えしました。

その進展が今回の記事内容になります。

新たな動き「緊急停止命令」とは

2020年2月28日(金)に公正取引委員会は独占禁止法の疑いで、送料無料化の楽天の対応に「緊急停止命令」を出すよう東京地裁に申し立てた。

なお「緊急停止命令」の申し立ては16年ぶりの事だという。

「緊急停止命令」とは

毎日新聞の記事から抜粋させてもらいました。

検査開始から違反行為をやめさせる排除措置命令までには1年以上要する場合も多いことから、無料化実施の前に効力を発生させる緊急停止命令に踏み切った。

毎日新聞記事 より

という事で、今回このような緊急の措置をとったようです。

今後この問題はどうなるのでしょうか、消費者としてもだいぶ気になる所ですね。

楽天市場のSPUがまた改正

この楽天送料問題の話題のついでではないですが、楽天のうま味であるポイント関係の話題も一つお知らせしておきます。

楽天のうま味はやはりポイント還元だと思いますが、またその「SPU」(スーパーポイントアッププログラム)の改正情報になります。

2020年4月1日(水)から楽天モバイルの条件が2倍から1倍にダウンします。

そして追加で楽天ひかりが1倍になるという事です。

これによりトータルの16倍は変わりませんが、実際は倍率ダウンする人も出てきますね。

この恩恵もあり楽天モバイルを契約してる人も多いと思いますが、今回のこの改正も過去の「楽天市場アプリでのお買い物1倍→0.5倍」になる位の衝撃ですね。

楽天のSPUもちょくちょく改正していき、楽天の強みであるポイント還元のうま味が減ってきてる印象が強くなってきましたね。

これから先も流れからいって、どんどんこのような改正は進んでいきそうですね。

せっかくの囲い込み出来てる楽天経済圏の人達が、このような事を毎回繰り返し離れていかないようにサービス向上して欲しいものです。

これからAmazonとの競争に、このような状況で生き残れるかが心配になるニュースでした。

合わせて読みたい記事

公正取引委員会 HP

https://www.jftc.go.jp/ippan/index.html

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!