スポンサーリンク

世界の気候に変化!南極の気温も異常!?今年の日本の異常気象・台風

スポンサーリンク

南極も異常気象?

スポンサーリンク

先日最高気温更新したばかり

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

先日こんなニュースが飛び込んできました。

「2020年2月6日に南極半島の北端・アルゼンチン管轄のエスペランサ基地にて観測した18.3℃という観測史上最高気温をたたき出した」ニュースで話題になりました。

WMO=世界気象機関も公式に「アルゼンチンの完全データを提供してもらいより詳しく精査する」と発表した事でも南極での18.3℃っていう気温でも驚きでしたね。

これまでの南極での最高気温は17.5℃が最高気温でした。

そしてこの18.3℃の要因は、乾いた熱風が吹き下ろして気温が上がる日本でもよく聞く「フェーン現象」が起きた可能性という事でした。

【うぇすてりあのプチインプット】

ちなみに「フェーン現象」とは

気流が山の斜面にあたったのちに風が山を越え、暖かくて乾いた下降気流となってその付近の気温が上がる現象をいう。

乾いた風となって吹き下ろし、気温が上昇する現象。

wiki より

しかしです!これを上回るニュースがまた飛び込んできました。

観測史上最高!

先日の史上最高気温を上回った気温が出たという。

2020年2月14日に発表され、観測史上最高の【20.75℃】の気温が観測された。

そして13日に研究者が「南極の気温が20度を超えたのは観測以来初めて」と発言をしました。

南極で20℃を超えるって想像つきませんが、そうとう異常な事が起こってるようですね。

もちろんこの20.75℃も、WMO=世界気象機関が公式に確認し、記録として認めればこれも公式な気温になるでしょう。

また今回の気温というのは一時的に上がったものなので、これが直ちになにか起きたり、温暖化との関連性は低いと言われています。

世界で起こる異常気象

このように昨今の日本でも異常気象が多発していますが、世界各地で異常気象は多発しているのも現実です。

この先世界の気候はどうなっていくのでしようか?

地震、台風、火山、などの天災レベルの脅威は人間のチカラでは、大元自体を変化(地震を止めたり、台風を消したり)させたりするのは無理なので、その天災の脅威被害が出ない環境になる事が一番手っ取り早いですからね。

そんな遠い未来は、空想やアニメのような話に出てくる、こういった気候変化にも対応できる、国レベルのシェルターのような所を住居にしていくと思います。

とはいえ、そんな話は50年後100年後の話ですね。

今は個人レベルでの個人シェルターも話題にあがっており、その業界での記事も今度深堀して解説していきたいですね。

一家に一台のシェルターも近い未来かもしれませんね。

そしてこれからも防災意識は高めて

それでも今の日本はいつなにが起こるかは他人事ではありません。

いつこの天災が自分に降りかかってくるかもしれないと、気を引き締めて日々の防災意識を高めておきましょう。

2019年の日本では災害が各地で起こったので、「明日は我が身」精神を大事にしていきましょう。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!