スポンサーリンク

Amazon Hubとは?不在配達にしない荷物を受け取れるロッカー

スポンサーリンク

Amazon Hubとは?不在配達にしない荷物を受け取れるロッカー

スポンサーリンク

配達の不在によるストレス

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近では巣ごもり時代の流れもあって、ネットショッピングの取扱件数も大幅に上がっています。

しかし数年前から物流のキャパシティ(受け入れ・取り込む・処理能力)も限界が来ていて、問題になっていました。

その中で仕事や用事などで家を空けてる時に配達が来てしまうと「不在」となり再配達を依頼しないといけなくなります。

この不在のやり取りも、自分自身も手間になってしまうし、配達してくれてるドライバーにも負担になります。

実際私も過去に配達の仕事もしていたので、いかにこの不在が負担になるのかは身をもってわかっています。

そんな不在の負担を減らすモノとして最近では、玄関に置ける宅配ボックスやコンビニエンスストアで受け取るサービスなど受け取る方法も少しづつ選択肢が増えていきました。

そして今回紹介するのがネットショッピング大手のあのAmazonが、Amazon独自の受け取り用ロッカーをいろんな所に設置するシステムが広がってきました。

今回はそのAmazonの荷物を気軽に受け取れるロッカー「Amazon Hub」について、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

配達を自分の好きなタイミングで受け取る

どうしても生活していると、家を空ける時があると思います。

その中でネットショッピングを利用してる時に、配達の日付指定・時間指定をできるなら自ら指定してその日に受け取れるのですが、中にはその指定が出来ずに配達物がいつ来るかわからないモノもあります。

その荷物が運悪く受け取れなかったりすると、不在となり手間になってしましいます。

特に最近のAmazonは海外からくる荷物は配達までかなりの時間を要する場合もあり、いつぐらいに配達されるかが読めません。

その負担を極力無くすようにと、Amazonが独自の荷物の受け取りができる「Amazon Hub」(ロッカー・カウンター)の運用を始めました。

これにより自分の好きなタイミングで、そのロッカーに行けば荷物を受け取る事が可能になりました。

Amazon Hubとは

Amazon Hubのシステムは大きくわけて、2種類あります。

まずは最近よく街中で見るようになった配達用のロッカーです。

そしてもう一つはカウンターになります。

ロッカーはいろんな所に設置してあり、そこのロッカーに荷物の配達先を指定すると、そのロッカーに荷物が届き自分の好きなタイミングで受け取る事はできるので、外出の際に受け取れるで不在の心配がなくなります。

■Amazon Hubのロッカー

Amazon.co.jpでの注文時に配送先に指定できる、セルフサービスの荷物受取り用ロッカーです。
北米やEUでは2011年からサービスが開始しており、コンビニ、スーパー、大学、オフィス、駅など様々な場所に、計1万件以上が設置されています (2019年9月時点) 。

出典:Amazon

■Amazon Hubのカウンター

お客様がAmazonで購入した商品を店頭でお渡しするプログラムです。
店頭のスタッフは専用のスマートフォンやタブレットのアプリを使って、ドライバーからの荷物の受け取りやお客様への受け渡し作業を行います。

出典:Amazon

これにより物流と受け取り側の不在問題の軽減するAmazonの対策の一つになります。

Amazon Hubのロッカー使い方

この上記の画像のように街中に青色で目立つロッカーがAmazon Hubのロッカーになります。

かなり目立つと思います。

またAmazonのサイトからも自身の最寄のロッカーも検索できるの一度、ご自宅の近くのロッカーを検索して配達先に指定しておくと、今後の買い物も便利になります。

①いつものようにAmazonにて買い物の手続きをします。

②配達先に最寄のロッカーを探して、そこに荷物の配達先を指定します。

③手元のスマートフォンに専用のバーコードが発行され、このバーコードをAmazon Hubのロッカーで受け取る時にかざすと荷物を受け取る事が出来ます。

また送られてくる認証キー(パスワード)でもロッカーの開錠ができます。

これならとても簡単で、自分の好きなタイミングで受け取る事が出来るので、ぜひ日付指定・時間指定できないモノ、最寄の場所にあるのなら積極的に利用するといいと思います。

Amazon Hub 疑問

■Amazon Hubを使える商品の制限は?

・Amazon.co.jpが発送する商品のみ
・一部危険物 /重量 /サイズが大きい商品 /Prime Now /Amazonフレッシュなどの商品は配送対象外。

■Amazon Hubの受け取り期限は?

・ロッカーの場合は3日
・カウンターの場合は7日

※ロッカーやカウンターの利用ができない日は加算されません。
(例:土日は利用できないロッカーに荷物が金曜日に届いた場合は、火曜日まで受け取り可能)

■保管期間が過ぎるよどうなる?

荷物の保管期間を過ぎると、注文は返品されキャンセル扱い。
なのでこの保管期間は頭に入れておく必要があります。

これから進化していく物流の形

物流のも進化を遂げていますが、まだまだ根本的な解決になっていないので、これから先もこのような物流の進化は進んで行くと思います。

これから人口減少に伴い買い物弱者などの問題も出てくると思います。

またこれから先のネットショッピングの需要も感染問題や高齢化などでも利用は増えて行くと思うので、より一層便利になるサービスを期待したい所ですね。

物流も自動運転やAIによる荷物の流れの管理やドローンなど、まだまだいろんな期待できるシステムもありますから、これらの最新情報もインプットしていきたいですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!