スポンサーリンク

中高年でもわかる360℃カメラ煽り運転の厳罰化とは?罰金・罰則は?

スポンサーリンク

2020年6月30日より煽り運転の厳罰化

スポンサーリンク

まだ無くならない煽り運転

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

数年前にも煽り運転で大きく世論が動いた時がありました。

あれから歳月は流れているのに、減らない「煽り運転」…

なぜにこんなに日本全国で話題になり、運転者も運転免許の更新の際に「煽り運転」に対して講習も受けているので、認知度も高いはずなのに、なぜ無くならないのか?

そこで今回、道路交通法が改正され、新たに2020年6月30日(火)から施行されました。

昨今のニュースでもまだ止まらない「煽り運転」の改正道路交通法とは?、その「煽り運転」の最新対策などを、今回私なりに深堀していこうと思います。

警視庁は妨害運転罪の創設

2020年に6月10日に道路交通法の一部を改正する法律によって、煽り運転(妨害運転)に対する罰則の創設をした。

令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象

出典:警視庁 HPより

今回の改正道路交通法の罰金?罰則は?

出典:警視庁 HPより

今回の改正道路交通法により、大きく変わった点

■煽り運転による罰則

①: 通行妨害目的※1)で、交通の危険のおそれのある方法により一定の違反(車間距離不保持、急ブレーキ禁止違反等)をした場合(懲役3年・罰金50万円以下)

②: ①により著しい危険(高速での停車等)を生じさせた場合(懲役5年・罰金100万円以下)
○ 免許の取消処分の対象に追加

※1)他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律も改正され、危険運転致死傷罪の対象となる行為が追加されました(令和2年6月12日公布、令和2年7月2日施行)。

妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。

出典:警視庁 HPより

上記のように、過去の法律より厳罰化になっています。

これで「煽り運転」による危険な運転が減少すると共に、交通事故が減る事を願いたいですね。

取り締まりも強化

出典:警視庁 HPより

警視庁のHPによると、今後の取り締まりも強化するという。

煽り運転の未然防止も含めて、「急ブレーキ禁止違反」「車間距離不保持」「進路変更禁止違反」なども、積極的な交通指導取締りを行うとしてる。

妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等の適用が困難で、点数制度による処分に至らない場合であっても、悪質・危険な運転に起因して暴行、傷害 、脅迫、器物損壊等が行われ、「自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」と認められる場合には、危険性帯有者として、運転免許の停止処分を積極的に行うこととしています。

出典:警視庁 HPより

そして大切なのは自衛と、決定的な証拠になりますね。

結局証拠が無ければ、「言った言わない、やったやってない」水掛け論になってしまいますからね。

煽り運転や恫喝や暴力の証拠に360℃カメラ

出典:警視庁 HPより

以前この当ブログでも煽り運転に対する対策で、2カメラ(前後録画)のドライブレコーダーをおすすめいたしました。

しかし最近のニュースなどを観ると、前後はもちろんなのですが、運転席の隣まで来て恫喝や車体への器物破損など行う犯罪も見受けられるようになりました。

この場合だと、2カメラ(前後録画)のドライブレコーダーでは映像の証拠は撮る事が出来ず、かろうじて音声での証拠になります。

しかし、映像の決定的な証拠にはなりませんね。

そこで、今回おすすめするのが「全方向録画360℃カメラ」できるドライブレコーダーをおすすめいたします。

全方向録画360℃カメラ

これなら全方向の映像も録画できるので、運転席側に来ての恫喝や器物破損なども映像による証拠は残ります。

また車の死角でもある右後ろ辺りの、映像もしっかり撮影してるので安心ですね。

証拠を残す事で煽り運転の抑制や、相手の言動や態度の行動の抑止力につながるように、こちらも「最大限リスクに備える」事もこれからは大事ですね。

ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。

事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

出典:警視庁 HPより

まとめ

出典:警視庁 HPより

最近はどこで何があるかわからない時代です。

用心・予防・防災・保険など備える事は、大事な行為になってきました。

できればそんな時代にはなって欲しくないですが、これも時代の流れなのでしょう。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!