スポンサーリンク

感染者接触通知アプリCOCOAとは?何の略?早くも不具合発生

スポンサーリンク

不具合は想定内?感染者接触通知アプリCOCOAの運用

スポンサーリンク

COCOAとは?何の略

出典:厚生労働省 HPより

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

政府の厚生労働省は「感染者接触通知アプリ」の運用を2020年6月19日開始しました。

そのアプリの通称名が「COCOA」になります。

呼び方「ココア」と呼ぶようです。

そして何んの略かと言いますと、「Contact Confirming Application」の頭文字を取って「COCOA」になります。

Contact(接触)

Confirming(確認)

Application (アプリケーション)

この「COCOA」は、スマートフォンにアプリを入れ、Bluetooth機能でお互いに通信して、感染者との接触が場合に実際会ったかが、わかるシステムのアプリになっています。

本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

出典:厚生労働省 HPより

COCOAの概要と海外では不評の利用状況

出典:厚生労働省 HPより

基本は氏名や電話番号などは登録せずプライバシーが守られた環境で、気軽に感染者接触通知を受け取る事ができるといコンセプトで、多くの人に利用してもらうのが前提のシステムになっています。

しかしこのシステムは先駆けて他国で似た事が試されてが、実際の利用者は増えていなく、国民の反応はいまいちの運用になってるという。

消費電力が低い通信方式のBluetoothを使用しますが、どうしてもBluetoothのやり取りになるので、Bluetoothを常にONしていないと意味が無いシステムで、位置情報もONにしていないといけないので、海外ではスマートフォンのバッテリー消費を懸念して、利用していない人もいるようです。

不具合発覚?想定内

しかし運用開始した19日当日に、早くもこのシステムの不具合が指摘されており、早速運用の雲行きが怪しくなっています。

このアプリCOCOAは、処理番号を入力すると、その処理番号が間違ってると普通は「失敗」と出るのだが、その「失敗」が出ず「完了しました」と出てしまうという。

これって本当に初期のミスですよね…

公開日から1カ月間は試行版とされていますが、まず世に出す為に、試しにいろいろエラーチェックなどはやると思うのですが、こんなすぐ「おかしいとわかる不具合」でさえ見つけられず運用を開始してしまって、今話題になっています。

とはいえ正直、私の中ではこの不具合も想定内でした。

今の政府にこういったIT系のシステムが安全で、ちゃんとしたシステムができるとは思っていませんでした。

ただでさえ、感染問題で浮き彫りになった、行政のIT化の時代遅れ問題が多々がありましたからね。

未だにFAXでのやり取りをしていたり、その間でのミスがあったり、集計の際手書きでの集計の為ミスや、正確な集計が瞬時に取れ無かったり、システム不備のオンラインの給付金の遅れなど、こんな状態でのIT系の運用の信頼はありませんでした。

しっかりとしたIT化の基盤

国民としてはまずはITに対する基盤をしっかりして、ちゃんとした人材と運用をしてもらいたいですよね。

そうすれば今回のような、企業への助成金・給付金などの手続きなどもスムーズにすぐに出来るようになると思うので、ここは早急に改革して欲しいですよね。

IT化が進めば、手書きでの申請書も多く書かずに、PCでのデータ入力ですぐに申請書が制作できるし、対面ではなく遠隔でのやりとりも出来るし、集計やデータ修正も正確にスピーディーにできるので、まずはこういった事が間違い無く出来るようにならないとダメですよね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!