スポンサーリンク

都落ちでは無い大企業の本社移転一極集中の変化で未来企業と働き方

スポンサーリンク

都落ちでは無い大企業の本社移転一極集中の変化で未来企業と働き方

スポンサーリンク

企業の大きな変化

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

過去の当サイトでもこの一極集中の変化に関連した記事をいろいろ書いてきました。

中高年でもわかる新しい生活へ集中化社会から分散型社会へ変わる時!

大規模な不景気オフィス用品買取業者は今が売り上げ激増の訳とは

小商いで田舎暮らし・移住の収入にして生活の不安を解決する生き方

この他にも当サイトでは田舎暮らしのメリット・デメリットや地方移住の情報をデータ化したりと、前から都市部での生活や仕事を地方の静かな環境で生きていけるか模索しておりました。

その中で最近ニュースでよく見るようになってる「大企業の地方移転」の動きがより一層加速していて、今回は大企業の移転や都市部からの地方移転=「都落ち」にあたるのか?をまとめてみました。

企業の移転とテレワーク

今日本の企業の働き方が大きく変わる節目にきており、テレワーク化が進み出勤する人口が減る中、無理に家賃の高い都市部で会社を運営しなくても、家賃が安く広い敷地を確保できる地方への移転が目立つようになりました。

住民基本台帳人口移動報告のデータによると、人口の移動も都市部から地方に流れてる事が数字に出ているようです。

現状は地方で会社運営をするメリットの方が大きく、未来の企業の形になりつつあるのが今の時代の流れでもあります。

それが大企業の移転という大きな変化が起こっている事に繋がります。

都落ち=負けではない?

しかもかつては都市部から地方へ移転する時は「都落ち」と言われ、都市部で成功しなかった者が逃げるように地方に行くという「負」の意味合いがありました。

しかし今はむしろ負の「都落ち」という事ではない事がわかります。

通勤により社員のストレス減少・通勤費や都市部での膨大な家賃やデジタル化をすすめ効率の良い経営方針への変化など今までにない改革です。

むしろこの本社移転は、これからの勝つ企業のカギになるかもしれません。

一極集中からの脱却企業の移転まとめ

主にニュースになってる本社移転や一部移転する所を少しだけピックアップしてみました。

・パソナグループ
・ジャパネットホールディングス
・クックパッド
・ZOZO
・ユニー
・アミューズ

その他の大中小企業も続々と地方に流れているようですね。

規模が大きければ大きい程都市部の賃貸料だけでも〇億円というコストになり、その浮いた資金を違った設備投資に向ける事は大きな企業のチカラになりますね。

またエイベックス・電通・JT・NECなど自社ビルの売却をする所もここ最近目立つようになってきてました。

とはいえ自社ビル売却=地方移転にならず、その場でそのビルをまた借りるという、事業の資金調達に使える方法で「セールアンドリースバック」を行う所もあります。

そしてこれをきっかけにテレワークなどデジタル化が進み、地方都市の活性化や通勤ラッシュや満員電車の減少、働く側がプライベートを充実できる働き方・社会に変わっていければいいと思います。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!