スポンサーリンク

巣ごもり自粛中で日付や時間指定で家に届かない宅配遅延が起きる

スポンサーリンク

巣ごもり自粛中で日付や時間指定で家に届かない宅配遅延が起きる

スポンサーリンク

午前指定が届いたのは午後の20時50分

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今世の中は巣ごもりや自粛やテレワーク・在宅ワークで家にいる機会が増えた人も多くなりました。

そしてなるべくならお買い物はネットショッピングで購入して、外出する機会を減らしてる人も多いと思います。

またスマート決済を機にクレジットカードを発行して、ネットショッピングでの支払いもクレジット決済で楽になり、ネットショッピングを利用する人も増えたと思います。

私も在宅にいる機会が多い為に、以前からネットショッピングの利用はかなり高い方だと思っています。

そして今回は今ニュースになっている、宅配業者の遅延問題です。
私も先日の宅配物が「午前指定」の宅配物が「夜の20時50分」に届きました。

だからといってこの宅配物の遅延に対して怒っていたり、非難する訳ではありません。

というのも私は以前に配達の仕事もしていたので、この大変さもわかっているからです。

今回はこの宅配物の遅延について、宅配関係の仕事の経験もしていた私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

配達関係の物流の繁忙期

仕事をしている人なら1年を通して、忙しい時間や忙しい時期というのがあると思います。

物流に関しても繁忙期は存在します。

私が経験していた頃の物流での繁忙期は「7月と12月」でした。

この7月というのはお中元とその他の荷物が重なります。

そして12月お中元とその他の荷物が重なります。

この時期の日付け指定と時間指定で目が回る程に大変です。

物流も年を追う事により効率化を求めてシステムの変化があるので、私が働いていた時期と今の現状は違うと思います。

とはいえこの2~3年で荷物の量は相当増加し、冒頭でもお伝えした自粛などで在宅時間の増加によるネットショッピングでの増加や、時期物の各会社のセールやふるさと納税や不在での再配達の増加も比べものにならないと思います。

もともと物流は不在や人員不足で問題になっていた

荷物の増加もそうですが、不在や人員不足も昔から問題になっていて、その対策も徐々に進み宅配BOXの設置や再配達の方法や置き配など変化をしていますが、それでも今のこの急激な増加には対応できない位の物量になっているようです。

この人員不足は深刻で、いくら人がいてもすぐに広範囲を配れる訳でもなく、住所や道などきめ細かく覚えていかないといけません。

そしてこの業界の人員の定着率も高くはないです。

マンションなどの宅配ボックスも朝一ですぐに満杯になってしまったり、まだまだ街中で受け取れる配達BOXも最大限発揮できていません。

7月12月は大変と覚えておくだけでもイライラの軽減

いろいろな要素があって現状の物流業界なので「そこが悪いとか良い」とかではなく、7月12月の物流は相当忙しいと覚えておくだけでも良いと思います。

とはいえ受け取る方も再配達させてしまうのも迷惑がかかるので、宅配物が届かなければ宅配物が届くまでは、その日の計画でさ変更しないといけない状況になるので、日付・時間通りに宅配物が届かないというは待つ方も大変です。

時にはトイレの時間もどうしようか?と思う事もあります。

現に先日の荷物も午前中に届く予定だったので、午後出かける予定を入れていましたが、その計画は潰れました。

しかし、今はこのような世の中で現状の物流業界の大変さも思うと、時間通りに来るが当たり前と思うではなく、せめてこの7月と12月は相当忙しいと思い荷物の遅延は生じてしまうモノだと思っていた方がいいと思います。

いずれこの配達問題も新しい配達システムやドローン配達や街中の宅配BOXなどの普及により解決に向かっていくと思いますが、まだまだ問題解決には時間がかかるので、それまでは届ける方も受け取る方も「お互い様精神」があるとイライラするストレスも少なくなりますね。

そして受け取る方も今は置き配指定や街中の宅配BOXや出掛けたついでに自ら最寄りの集積場に取りに行くなど、いろいろな受け取りサービスも各社始まっているので、どんどん利用していく事で配達業者の負担を少なくし、宅配物を待つという事で大切な時間を潰さないようにしていく事が大事だと思います。

受け取る日付が事前に指定できるのなら、なるべく一日在宅できる余裕ある日にしておく事も重要ですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!