スポンサーリンク

河野行革大臣は各省庁のFAXを本格的に廃止する方向で進めるまとめ

スポンサーリンク

脱ハンコとやっと動き出した脱FAXの大きな一歩

スポンサーリンク

河野行革相の脱FAX発言「書面FAXをやめたい」

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

2020年に河野行革相は「書面FAXをやめたい」「脱FAXにもメスを入れたい」と発言をして話題になりました。

それから半年たった頃、いよいよ2021年4月に事は動き出したました。

今回2021年4月13日の記者会見で、河野行革相の発言は「霞が関のテレワークを進める為に、各省庁で使っているFAXについて、廃止を目指す考え」を発言しました。

このFAX廃止の話題はこれから先のDX「デジタルトランスフォーメーション」関係にも関連があるので、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

PC→手書き→FAX~受け取り→手入力→PC

PC上でのやり取りなら一瞬で終わる作業が、FAXだとかなりの手間と紙の無駄が発生していました。

そして手間だけならまだ良かったが、それにより手間をかける分ミスのデータをFAXで送ってってしまう事もあったようです。

FAX用の専用の紙に膨大なデータを手書きして、それをFAXするんですからね、データが膨大になり時間も足りなければミスも起きます。

受け取った方もそのデータを手入力で自分のPCに入れなおす・・・

無駄ですね。

こういう流れが無駄な時間やミスが起き、給付金やオンライン申請などの遅れの弊害にもなったいました。

行政も今からデジタル化へ

正直遅すぎるデジタル化の行動ですが、やらないよりはやってもらった方がいいですね。

これからはいろんなモノがデジタル化していきます。

そのいい例がオンライン診療になります。

何かで通院する時にもただ薬をもらうだけでも、半日かかる時がありますが、このオンライン診療になれば、オンラインか電話でも処方箋を出してもらえるようになるので、病院には行かず最寄りのドラックストアで薬を受け取るだけになります。

出典:厚生労働省

これはすごく画期的で時間効率は相当いいですね。

足腰の弱い方や長時間病院の椅子での待ち時間は結構な負担ですからね。

■オンライン診療とは便利だが未だ進まぬ現状と課題

できればいろんなモノをデジタル化

いよいよデジタル庁も本格的に動き出し、日本のデジタル化のテコ入れになると思います。

これまでの行政の中で、はびこっていたアナログな部分をデジタル化していき、デジタル化に対応できて今よりも、より良い社会を作り上げて欲しいものです。

そうすれば国民は、より快適になりいろんな余裕が個人の中でも生まれると思います。

とはいえあまりにもスピードもって進めてしまうと、そのシステムに問題が出てしまうのも今の日本なんですよね・・・

住基ネット・マイカード・COCOA・各オンライン申請などなど、いろんなモノが機能していなかったり、問題が起こっているのも事実です。

ここら辺のデジタルの基礎の作りも、デジタル化=デジタル攻撃との攻防の不安要素の一つのデータ漏洩や、資料の改ざんなどもまた問題になるので、今以上にしっかりしていかないと、大問題になってしまいますからね。

データ情報のセキュリティや、システムの正確な構築は必ずやってもらいたいです。

今回の河野行革相の発言の中に「具体的なスケジュールがあるわけではない」と期限については明言していませんが、脱FAXもスピード感ある改革をしていき、各省庁の人間もメールで仕事が出来る人材へとシフトしていかないと、今後の日本の在り方も変わっていきますね。

民間がジョブ型雇用へ移行する中で、未だに国会では何枚もの紙の資料や印刷物のパネルなどを元に答弁などしていますが、ノートパソコンやパッドなどで資料を見れる位国会なども進めて欲しい所です。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!