スポンサーリンク

フードテック(FoodTech)とは?これからの食に対する考え方

スポンサーリンク

フードテック(FoodTech)とは?これからの食に対する考え方

スポンサーリンク

世界で問題になってる「食」

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

昔から「食」に対しては、あらゆる問題が生じています。

過去にの当ブログでも食品ロス問題や代替肉など「食」に関する話題を取り上げてきましたが、やはりいつかは半自給自足をしようと考えている私としても、「食」はとても関心のある話題になります。

生活習慣病も気にしている私の身体的にも、この「食」はとても大事になります。

そしてその情報にアンテナを張っていると、最近よく耳にするキーワードが「フードテック(FoodTech)」になります。

今回はこの「フードテック(FoodTech)」という話題を、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

世界食料デーとは

食問題を語る上で「世界食糧デー」キーワードも大事になります。

「世界食糧デー」と聞くと何となく、耳にした事がある人もいるかもしれません。

とはいえ私もそうですが、なんとなく分かってるようで分かっていなかったので、ここに農林水産省の正式な説明文を載せてインプットしておきます。

1945年10月16日に国連食糧農業機関(FAO)が創設されたことを記念し、毎年10月16日は、世界の食料問題を考える日として、国連により1981年から「世界食料デー」として定められています。

これは、飢餓に苦しむ人々、全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す国連の記念日であり、世界の一人ひとりが協力し合い、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としたものです。

出典:農林水産省

どうやら「世界食糧デー」は国連により1981年から定められたようですね。

小さい頃からTVのCMや24時間TVなどで、よくアフリカの食問題を取り上げていました。

そして今でも世界のどこかで、日々の食に対して困っている人は大勢います。

SDGsでも食問題は目標の一つ

過去に私のブログでも取り上げたSDGs記事でも紹介した目標2

目標2 [飢餓]
飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する

まだ食べられる食べ物をたくさん捨てている日本でも、約2000万人の人たちが貧困ライン以下(全人口の中央値の半分に満たない所得)で生活していて、なかでもひとり親世帯や高齢者の割合が高いです。

出典:厚生労働省

この目標も世界で解決に向けて大きく動いています。

その中で今回紹介する「フードテック(FoodTech)」が最近話題になっています。

フードテック(FoodTech)とは

「フードテック」とは「食」のフード(Food)と、テクノロジー(Technology)のテックを合わせた造語が「FoodTech」です。

Food+Tech=FoodTech

文字通り食とテクノロジーを合わせて、このフードテック(FoodTech)で「食問題」に向けて解決していこうという行動になります。

例えば代替肉を使用してより簡単に栄養と生産が出来るようにしたり、養殖の面でも従来以外の養殖もテクノロジーを使用して安定して供給できるようにしたり、調理する時や物流の面でもIT・AIを利用しよりよい生産体制をしていくようになります。

政府は、この「フードテック」を日本の成長産業に育てようと、農林水産省や民間企業でつくる協議会で、普及策や食品の品質を保証するための基準づくりに取り組んでいます。

さらに新年度からは、フードテックに関わる起業を支援する事業を始めるほか、海外展開を目指す企業に最大で4000万円を補助する事業も始める計画で、国内市場の整備やスタートアップ企業の育成を本格化させる方針です。

出典:NHK

これからの食問題

世界的には人口増加で、食量が足りなくなると言われています。

日本でも食に対して自給率はかなり低く(日本の食料自給率は38%)、世界の輸入に頼った状態です。

もしこの輸入量が減った場合に食卓に並ぶ種類は相当減る事になります。

そして今はフードロスも問題で食べ物をロスしている事も問題です。

しかしこのフードテック(FoodTech)で動く事で小さな取り組みの一つですが、それが大きな一歩になる事は間違いないですね。

とある米投資会社の試算だと、今後世界的規模で700兆円を超える市場になるとも言われているそうです。

なので投資面からみても、このフードテックというキーワードは注目しておきたいですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!