スポンサーリンク

中高年でもわかる働き方改革富士通が基本テレワークで単身赴任廃止

スポンサーリンク

変化する働き方で抜本改革の経営戦略で立て直し

スポンサーリンク

8万人対象にテレワーク化

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

先日のニュースで、あの富士通も製造現場を除く8万人に対して「原則テレワークをする勤務形態」にするというニュースが話題になっていました。

まだ自粛期間中の時各企業は、テレワークに設備も準備もしていなかった企業も、苦肉の策をしながらなんとかテレワークをしていました。

その成果もあり、満員電車が無くなり通勤による感染リスクが、大きく減らす事ができました。

そして自粛解除後も過去にいろんな大企業が、勤務形態をテレワークへとシフトチェンジしてきた事を、当ブログでも取り上げ記事にしてきました。

そして今回は富士通が、従業員8万人に対してテレワークにするという事で、今回は私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

企業は変化する事に迷ってる暇は無い

先の見えない感染問題で、この先どう社会が変わっていくかも未知数です。

その中で企業はコストダウンをしていかないと、自社投資に回す資金もありません。

そして大企業がもうすでに動き出した「原則テレワーク」の新しい働き方への方向転換ですね。

これにより、デメリットももちろん多くありますが、それ以上の社員の感染リスクや家賃や交通費などコスト面でのメリットがあるので、方向転換できる企業はどんどんテレワークに移行しています。

最近でも、あのお菓子メーカーの大手の「カルビー」も、原則テレワークにした事でもニュースになっていましたからね。

正直テレワークが少しできそうな企業は、迷ってる暇なく急速に方向転換をしないと、生き残れない社会になってきそうです。

今回富士通の方向転換内容

テレワークの社員に対して通勤手当を廃止し、その代わりに在宅で仕事をする事になるので、月5,000円のパソコンや周辺機器などの設備や、通信費用などの補助的な手当を新たに支給するとの事です。

また今都市部にあるオフィスを解約し、地方のサテライトオフィスを増やし、いろんな所でも働ける環境を作っていくようで、3年後を目途に従来の全オフィスの面積を半分に減らすという。

これにより企業側は、都心で借りてる莫大な家賃などのオフィス経費・通勤手当などのコストを大きく削減できます。

そしてまた働く側にも大きなメリットとして、単身赴任という制度も無くなり、従来の子育てや家族のあり方や、親の介護などもしやすい環境になるという。

昔はいろんな企業で「持ち家・子供ができたら(ローンなどで転職などの身動きが取れなくなるから)単身赴任をさせる」という人事が当たり前のように行われていました。

こういった事も無くなる為、社員も安心して仕事ができると、取材を受けていた社員が言っていました。

また、平松浩樹常務はオンライン会見にて「社員の生活を犠牲にしないような働き方を実現したい」とおっしゃっていたので、こういった考えの元で働きたいと思う人も増えていくと思います。

まさに「人材は財産」ですからね。

いい人材がいれば新しいアイデアのもと、会社はより成長していくモノだと思います。

課題もあるが乗り越えていく必要

テレワークにする事で、超えないといけない壁も、経営者側も社員側もお互いありますが、それを超えて「新しい働き方に気持ちをチェンジ」しないといけません。

億劫になって、足を止めていてはこの先厳しい時代になると思います。

従来の状態に固執せず、柔軟な対応や気持ちの切替をしていく事が大事ですね。

これからのキーワードで大切なのは「デジタルトランスフォーメーション」「2025の崖」などの意識・設備改革ですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!