スポンサーリンク

中高年でもわかる変わる働き方改革とジョブ型へ移行か?準備をする

スポンサーリンク

旧働き方改革と新働き方改革柔軟な考え方

スポンサーリンク

働き方改革とは

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

働き方改革とは、国は数年前から「働き方改革」という従来の企業の働き方を改善していき、「働く方のモチベーションの向上」「生産性の向上」「課題を解決」「労働参加率の向上」など国民一人一人の生活を向上させるために「より働きやすい環境にしていきましょう」という方針をすすめてきました。

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。

出典:首相官邸 HPより

この方針によって徐々に大企業から、働き方改革が進む予定でした。

しかし今回のこの感染問題によって、この働き方改革も「前の考え方と、今の考え方」では少し変わってるのも事実ですね。

現状での新しい情報をもとに「従業員側・経営側との変化」を、今回は私なりに深堀・解説して記事にしていきます。

感染との共存を考えた新働き方改革

特に大きく変わり、急速に変化したモノの一つといえば「テレワーク・在宅ワーク・リモートワーク」ですね。

突然なにも準備ができないまま、始まったテレワーク関係の働き方ですが、これも働く側も経営側もいろんな課題を抱えたまま、やむを得ず行っていました。

特に経営側の課題は多く、「企業情報を外部からのアクセスによるセキュリティ問題」「従業員の人事の評価の仕方」「従業員の労働時間の管理」「通勤による従業員の感染リスク」など他にも山積みです。

こういった以前の考えていた「旧働き方改革」と「新働き方改革」は、若干の内容や進捗スピードが変化しています。

テレワークなどの働き方はまたやりたい

テレワークなどの働き方は、働く側にもかなりのメリットがあり、継続してやりたい所だが、自粛解除と共に、企業側は課題が多い為結局従来の通勤タイプ戻してる所が多いですね。

その為満員電車や通勤ラッシュが、また元に戻ってきてますね。

しかし、やはりテレワークなどの働き方を経験した従業員の大半は、またテレワークをしたいといアンケート結果も至る所の調査でわかっています。

なので企業側は早急に、このシステムを構築して「働き方改革」をしていかなと先のみえない状況になってきてしまいますね。

富士通は、国内のグループの従業員、およそ8万人を対象にテレワークを原則とすることを決めました。

働き方を抜本的に見直すことによって単身赴任をやめ、家族と同居できるようにするとしています。

大手菓子メーカーのカルビーは、オフィスで働く人は在宅勤務などテレワークを原則とし、業務に支障がないと会社が認めた場合には、単身赴任をやめて家族と同居できるようにするなど、新たな働き方を導入することを決めました。

出典:NHK ニュースwebより

このようにすでに改革を始めてる所もあるので、いかに早急に「新働き方改革」に対応するかで、今後の経営の生き残りの状況が変わりますね。

「新働き方改革」への早急の変化

従来、人が居ないと出来ない工場業務では、遠くからでは仕事ができないとされていましたが、今では工場の生産でさえロボットやセンサーなどの向上で、遠方からでもリモートワークができる時代でもあります。

そして今、工場での手作業で働いている人は、その手作業のスキルアップより、今から情報を得て勉強していき、リモートワークに対応する工場業務(遠隔操作のオペレーターなど)へのスキルアップを目指した方がいいですね。

昔の目視検査や精密な機器の取り付けのような、職人の技術などもAIによるビックデータで補える事もできるようになっているで、手作業でやるような職人級も人が必要とされない時代が迫ってます。

AIマグロ?AIでマグロの品質買い付けができる時代

プリンターのトナーカートリッジなどを手がけ、約700人が生産にあたっている神奈川県厚木市にあるリコーの工場。

最新の生産管理システムとして、実に700台以上のカメラやセンサーが設置され、あらゆるデータが可視化されている。

ふだんは敷地内にある別の部屋から常駐の担当者がデータを監視しているが、今回、通信インフラを整え、自宅からの監視業務に乗り出した。

出典:NHK ニュースwebより

このように実際もう進んでる生産工場では、リモートワークでの生産も始まっています。

これからは「新しいシステムに対応できる社員が重要視される」ようになりますね。

年功序列が終わりジョブ型雇用とは

そして働く人材も、従来の1企業の社員の歯車に固定するだけではなく、個々の専門知識や得意分野での会社に貢献するような「ジョブ型の働き方」へシフトしてくでしょう。

■ジョブ型雇用とは?

英語読みでは「JOB」

日本での意味合いは「職や職務」

職務内容・労働時間・勤務地が限定された雇用契約

従来のメンバーシップ型雇用「人に対して仕事を割り当てる」

ジョブ型雇用「仕事に対して人を割り当てる」

この「ジョブ型雇用」の働き方は欧米ではもう当たり前の働き方で、日本の以前のような「メンバーシップ型雇用」一つの企業でしか通用しない能力では、将来の見えない雇用状況になります。

「遠隔操作のオペレーター」「商品開発」「ドローン操縦士」「動画編集」「プログラマー」「ロボット」「AI」「マーケティング」「IT」「事業企画」など、その専門的な仕事がどこの企業に行っても、仕事が出来るジョブ型対応の人材になる事が、今後の働き方の一つになる事は間違いないですね。

なので今の内に、専門的な知識を付け自分の持てる何かを身に着ける事が重要ですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!