【灯油を無料で処分する仕方】

スポンサーリンク

【灯油を無料で処分する仕方】

この時期困るのが灯油ストーブの残っている灯油

の処分の仕方です。

しかもある程度の量も無料で処分できました。

(家庭内程度の量です。私の場合無料で40リットル処分できました。)

この時期まだ寒暖差が激しく最近までまだ

灯油ストーブにお世話になってる方も

いらっしゃると思いますが・・・

そろそろゴールデンウィークも近づいて各地で

夏日も出てきたこの頃、灯油の処分にお困り

ではないですか?

ここで1つの灯油の処分の仕方をご紹介します。

【まず灯油とは?】

・水に溶けない

・水より軽い

・引火点は40℃以上にならないと
 発火しないので比較的安全である

・霧状になってる場合、常温でも引火する

 こともある

・色は透明である

・臭気があるため漏れていると

 気づきやすい

・第2類石油類に分類されている

・長期保存に向いていない劣化する

・硫黄成分は少ない

など特徴があるなか長期保存には向いてない

という事当然下水には流せません行政では処分

してくれない灯油は酸化して劣化すると機器の

トラブルの原因になっていてストーブの

説明書でも持ち越しの灯油の使用は禁止してる

メーカーも多いです。

そんな中、灯油を多めに買いすぎてまだ

ポリタンクに大量に余って困ってる

方はいませんか?

若干ならそのまま使いきったり、洗濯の

乾燥に使ったりできますが大量だと

そうはいきません。

ではどうするか?

大量の場合【ガソリンスタンド】

で処分してくれます。

ただここで注意したいのは

【有料で処分するガソリンスタンド】

もあります。

この前、無料のつもりでポリタンクに残ってる

灯油を処分するため国道沿いの大きくて有名な

某ガソリンスタンドに車のガソリンを入れる

ついでに持っていったら・・・

なんと有料でしかも処分費が

【リッター辺り160円以上】

  かかると言われました(汗)

買うより高い!!

この時20リットルとストーブに残ってる

タンク4リットル位持っていったので

計算すると・・・

24リットル×160円=【3840円・・・】

高い!!!!!!

さすがに全部処分しないで4リットルだけ

処分しました。それでも4×160=640円

灯油の処分でお金のかかる時代に突入

したのかと驚きました。

(昔若い頃ガソリンスタンドでバイトしていたので灯油の処分は無料が当たり前だったのでびっくりでした)

もうそういう時代だからどこのスタンドも

もう有料処分が当たり前になりつつある

のかと思い何件かTELにて問い合わせ

しました。

そうすると小さい店舗、大きな会社の

店舗、場所やスタンドの方針などで

処分費もバラバラです。

なので大量に処分する場合は一度

スタンドに【TELして処分費用を聞いて】

から持ち込む様にしましょう。

なにも知らないと処分費用取られて

泣く羽目になってしまいます。

そして私はTELで確認後、家にもまだ

残ってる灯油全部で40リットル

無料で処分できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする