スポンサーリンク

他拠点生活とは?変わる生き方と働き方と地方移住の拠点として利用

スポンサーリンク

他拠点生活とは?変わる生き方と働き方と地方移住の拠点として利用

スポンサーリンク

他拠点生活で生き方が変わる

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近の気になる話題の一つに「他拠点生活」というキーワードになります。

この「他拠点生活」というのは昔からありましたが、今この「他拠点生活」がより便利に利用しやすくなり、いざ実行する時のハードルも下がっているようです。

昔なら「他拠点生活」って別荘などイメージがあり、お金に余裕がある人がこんな生活をしているという先入観もありました。

しかし今この「他拠点生活」にもいろんな生活の形や考え方が生まれてきました。

そこで今回の記事は今話題の「他拠点生活」について、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

他拠点生活とは

この「他拠点生活」は大きな区分けは無く、その人それぞれの生き方や考え方でも違いがでますが、意味合い的には読んで字のごとくで、いろんな所を拠点して生活するという生き方になります。

少し前の考え方では都会と田舎に拠点を持ち仕事する時は都会に住み生活をし、休日はのんびり別荘で生活をするというモノでした。

しかしこの形は別荘と本拠地の住宅を維持しなくていけないという事で、余裕のあるお金がある程度ないと出来ない生活でした。

進化する他拠点生活

今はテレワーク化も徐々ではありますが普及してきて、会社に出勤しなくてもネット環境さえあればどこでも仕事が出来る時代になりました。

なので今生活している所以外でも、仕事ができるようになりました。

そこで注目されてるのがこの「他拠点生活」になり、今は別荘など個人で持たなくても気軽に定額支払いをする事で全国各地に生活できる場所を提供する企業が現れてきました。

つまり拠点は一つではなく全国各地で「自分のその時の気分でいろんな所で生活できる」という事です。

なので今はこんな「他拠点生活」をしながらの新しい働き方もあります。

暑い時は涼しい避暑地で生活して、寒くなれば暖か所へ移動したり、海の近くで働きたくなったら海の近くへ移動するなんていう事も可能になります。

これからは遅かれ早かれテレワーク時代!

大きな会社の会議となると、本社会議は一斉に地方の遠くからも集まるような会議になる所もあり、公共交通機関(飛行機・電車など)を利用する人も増えるので、会議をする場合はTV会議などで済ます事ができるので、人が動かなくても本社で遠方の人とも一斉に会議をやっています。

またパソコンで仕事の大半が成り立つ人は在宅ワークやテレワーク(リモートワーク)などに移行して、地方で活躍している方も増えてきました。

在宅ワークやテレワーク(リモートワーク)のバックアップ

そしてこれから先、在宅ワークやテレワーク(リモートワーク)などの仕事の在り方も、まだまだいろんなバックアップも構築していき、この働き方も普通になる日がくる事を願いたいです。

未だにこういった働き方をしてるのは、ごく一部なので中小企業などでも広まって欲しいです。

また昨今の働き方改革で大手企業でも「副業」を認め始めていて、この在宅ワークやテレワーク(リモートワーク)などもどんどん進んでいて、会社に出社しなくても仕事ができるというのは、いい流れになってきたと思います。

会社自体も都市部で高い家賃を払うより、郊外の安い家賃での会社運営もできるので、コスト削減もできるので、経営者の面からみてもいい改革になると思います。

これにより働く人が分散されて、都市部での一極集中にならないようになり、家に居ても仕事ができ、この新しい働き方が当たり前の働き方で生活ができるような、未来がくる事を願いたいです。

その為には会社自体のシステムを大きく変え、その働き方のバックアップをする事が必要ですね。

サブスクリプションの定額利用で全国各地へ「他拠点生活」

■月額4.4万円(税込)~で住み放題
電気代・ガス代・水道代は全て込み
敷金・礼金・補償金などの初期費用は一切なしで、何度でも移動OK

■生活・仕事に必要なものが完備
Wifi・個室の寝具・キッチン・調理道具・家具・洗濯機が全ての家に完備

■同伴者も無料で滞在可能
家族(二親等 以内)・固定のパートナー1名は
追加費用なしで個室利用OK

■個室を予約できる
プライバシーを守りながら長期滞在
※一部の家はドミトリーのみ

出典:ADDress

「他拠点生活」を可能とする住める場所を提供している「ADDress」のような企業は今増えきています。

拠点の場所は空き家や別荘など今使われなくなった場所を企業が管理し、少しリノベーションし利用しやすい形にして人が生活できるようにしてから提供しています。

しかも料金もリーズナブルで月額4万円~という所もあります。

企業のサービス内容にもよりますが、電気・ガス・水道などの料金も込みで、生活に必要なトイレ・キッチン・洗濯機などの家具もあるという。

これによって「他拠点生活」のハードルは下がり、しかも利用方法もスマホの端末からでも利用でき、敷金礼金などの賃貸の煩わしさもありません。

将来は地方移住して田舎暮らし

私の将来の目標の一つとして地方移住して静かな田舎で暮らしたいと思っています。

その中でやはり重要なのは土地選びとその土地柄の情報になります。

そこで私はこの「他拠点生活」も利用する事で、いろんな所に少しの間とどまって近場の土地の情報など仕入れる事もできるで、将来はこの定額の「他拠点生活」を利用してもいいかなとも思います。

やはり田舎移住は優しいモノではないので、いろいろなその土地の下調べは大事ですかね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!