スポンサーリンク

ローカル5Gとは?2019年12月24日ローカル5Gの申請受付

スポンサーリンク

2019年12月24日にローカル5Gの更新受付開始!

スポンサーリンク

動き出す5G

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

2019年12月24日に関東地方での免許を交付する機関、総務省の関東総合通信局において今回ローカル5Gの更新受付を開始する事になりました。

今回ローカル5Gの更新受付に大手IT企業が一斉に訪れ交付の手続きをした。

東京都をはじめ、NTT東日本や富士通やNECやケーブルテレビやジュピターテレコムなどが申請書を提出しました。

これにより今後、しっかりとした審査を受けて審査が通る事ができれば、2020年の2月中旬頃には今回訪れた所に、ローカル5Gの免許が交付されるようになるとの事です。

ローカル5Gとは

総務省 HPより

そもそも5G(第5世代移動通信システム)は新しい通信の世代の名称で、スマホなどの通信の世代は現在4G(第4世代移動通信システム)だが、この5Gは今の4Gしのぐ通信技術になっています。

この5G(高速・大容量)の通信網を特定の建物の中などの限られたエリアで運用していくのが「ローカル5G」になります。

総務省でのローカル5Gのコンセプト

• 5G(第5世代移動通信システム)を利用する事。
• 地域において、比較的小規模な通信環境を構築をローカルニーズに合わせていく。
• 無線局免許を自ら取得ができ、免許取得後に他者のシステムを利用してもいい。

まずは企業・自治体・大学などに最初電波が割り当てられる予定となっています。

なので個人での5Gはまだ先になりそうです。

ローカル5Gになると

総務省 HPより

最近の日本の台風や地震など天災が続く中、防災面でも高画質な河川カメラの映像を撮る事であらゆる災害の情報元として、役に立つことなど期待されています。

特定の場所などエリアは限られる事により、そのエリアだけ5Gの恩恵が受けれるようになるので、そのエリア内での工場の運営を行い、「スマート工場」での生産性の向上や今後の見通しなど図る事もできる。

来年5Gスタートなのに

やはり世界に比べて5Gの開発・運用は日本は遅れてしまってる感じは否めません。

今免許の受付開始とかはすでに終わっていて、2020年にはすでに個人のスマホでもサービスが行える位、整備や開発のスピード感があれば、まだ世界に通用する技術とデータを保持できるのに、もったいないですね。

新しい技術にすぐ飛び込み、そこにお金を使い開発を行い「また日本は凄い技術大国!」だと言われる位本気でやれば、あらゆる日本の未来も変わっていくのに、実にもったいないですね。

最近のあらゆる政治の不祥事や不透明化で元気のない日本を見てると、いろいろ大人の事情が絡む世の中なので、そうたやすくないのもわかっていますが、世界に誇れる「人もモノも技術のある高品質なメイドインジャパン」を今一度見てみたいものです。

「あらためて・・・がんばろう日本!」

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!