スポンサーリンク

気象庁 ホームページが閲覧出来なかった最近の群発地震で危機感

スポンサーリンク

気象庁 ホームページが閲覧出来なかった最近の群発地震で危機感

スポンサーリンク

2021年2月20日午前1時前から不具合?

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

最近の日本の異常気象でいろいろな災害が多くなり、気象庁の情報の重要性は近年相当高まってきました。

その中で2020年には気象庁のホームページに広告を掲載して収益を上げその収益で「より精度の高い気象の情報を高める」といって話題になり、当サイトでも記事にして皆様へ紹介をしました。

最近の日本の気象は観測史上初という言葉毎年聞くようになる位、今の気象は大きな変化をしていて人の命や財産さえ脅かす存在になっていますね。

だからこそこの気象庁の情報というのはとても大切な情報源の一つになります。

当サイトでも過去にも防災意識を高める為にも、災害に関する気象情報は常に皆様へ今後もシェアしています。

しかしその大切な情報源の気象庁のホームページが一時閲覧出来ない状態になったという事で、ニュースになったので、今回はこの気象庁のホームページ不具合についてまとめてみました。

気象庁のホームページが一時閲覧出来ない状況

2 月 20 日 0 時 55 分頃から、システム障害により気象庁ホームページの
障害が発生しており、現在復旧に向けて作業中です。

出典:気象庁

とういう一報でした。

出典:気象庁

第2報ではバックアップサイトに切り替えて対処したようです。

出典:気象庁

第3報ではこのように閲覧出来ないコンテンツも出てきたようです。

そしてその原因はクラウドの障害で不具合が起きているようです。

今まさに各地での群発地震で注目している気象庁の地震情報

2020年2月からになって大小の地震が各地で起こり、話題になっていますね。

そして防災意識を高める為にも、非常食などの防災用品の再確認が皆様の家庭でも行われてるのではないでしょうか?

そんな中重要なのは地震に関する情報で、一番重要な気象庁の地震情報になりますが、今回はその気象庁のホームページが閲覧出来なくなり不安になられた人もいると思います。

気象庁ホームページの障害は復旧

本日 0 時 55 分頃から発生した気象庁ホームページの障害は、10 時 50分頃に復旧しました。

出典:気象庁

一応2021年2月20日の10時50分頃に復旧したと気象庁のホームページでも報告がありました。

原因はやはりクラウド障害という事でした。

しかし最近のいつ起こるかわからない群発地震で、今注目を浴びてる気象庁のホームページが

約10時間ほど閲覧出来ない状況になるのは問題でしたね。

最近のcocoaの不具合などお役所関係のデジタル化というのも不安になります。

気象庁のホームページの広告収益で設備面の投資に

出典:気象庁

2020年に気象庁のホームページは広告を付けて、その収益を今後の気象の情報の能力を高めるとしてスタートしました。

現在は上記のように広告を掲載している事がわかりますね。

 気象庁ホームページ(以下、「気象庁HP」という。)は、気象、地震・津波、火山、海洋等の防災をはじめとした気象情報等を掲載し、国民の防災行動等のための情報を入手する重要な手段となっており、国民の安全・安心に寄与しているところである。

気象庁HPへのウェブ広告掲載は、同ページをウェブ広告媒体として活用し、広告掲載を通じてホームページによる持続的・安定的な情報提供を維持・推進するものである。

本方針は、気象庁HPに掲載するウェブ広告の取扱いについて、必要な事項を定めるものである。

出典:気象庁

こういった事を行っているからこそ「しっかりとした運営」をお願いしたいと思います。

これからも不安な「巨大台風」「線状降水帯」「夏に高気温」「南海トラフ大地震」「関東直下大地震」「富士山の噴火」など、いつ起こるかわからないからこそ、この予測もしっかり最新の設備で解析などして私達の命を守ってもらいたいですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!