スポンサーリンク

みずほFG週休4日を導入した今後の未来と正社員の働き方改革

スポンサーリンク

みずほFGが週休4日・週休3日制を導入しました!休み多くて幸せ!?

スポンサーリンク

人間の仕事とAI・ロボット

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

ここ最近あらゆる所で、ロボットやAIの活躍を耳にする事が多くなりました。

その反面人間がしていた、仕事の役割も変わっていきました。

過去記事も紹介した、レストランなどの飲食でお客様への配膳はロボットが話題になりました。

そのおかげで私達の従来の働き方の変化していき、楽になり大変が仕事もロボットにしてもらう事で時間・コスト削減などにも貢献してくれています。

とはいえやはり気になるのは「人間の仕事が無くなっていく」という不安になりますね。

そして今銀行などの事務仕事は人間では無く、AIやロボットなどの機械によって急速に変化しています。

そして最近ニュースでも話題になった「みずほFG(フィナンシャルグループ)の週休4日・週休3日制」に、今回はこの話題を私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

みずほFGの週休4日・週休3日

みずほFGが導入を発表した「週休4日・週休3日制」とは、希望する社員に対して行われるようです。

現状みずほFGは週休2日制ですが、その中に1日・2日好きな曜日に休みを取得できるようになります。

会社側はその休みを利用して、自身の資格取得などのスキルアップ・子育てや介護をしてほしいという考えのようですが、実際は会社側には労働時間の削減もできるという点になります。

【週休3日】

基本給80%

【週休4日】

基本給60%

こうなるとまさに「働かざる者食うべからず」ですね。

休んでばかりいられなく(当たり前ですが)給料も減る事になります。

この「週休4日・週休3日制」の恩恵で、普段取れなかった心と身体の休息は必要ですが、やはり休息以外にもその時間を使って、未来の仕事につながる行動もしないといけません。

時代の変化と働き方の変化

とはいえこのような雇用の変化は「時代の変化」と言えばそれまでです。

昔もあらゆる職種が生まれては消えていいきました。

簡単な一例を挙げるなら、昔は電車に乗る時にきっぷを窓口で購入して、その購入したきっぷを改札にて一部分を切ってもらって電車に乗っていましたが、今ではきっぷの購入も自動化で改札を抜けるのも自動化しています。

そしてきっぷを切っていた人の仕事は無くなりました。

ただ無くなった事で、自動改札機のオペレーターなど他業務への新しい仕事が生まれる訳です。

なので必ず従来の仕事は無くなりますが、仕事自体が無くなるという、ネガティブな発想を持ってしまいがちですが、新しい仕事も生まれるので、その分野に強い人間に自分自身が変化する事が大事です。

時間が出来たら行動

今はこういった大企業の流れですが、これからこのような雇用の変化は、中小企業にも広がっていき、終身雇用や年功序列の崩壊も起こり、ジョブ型や成果型の働き方に変化する雇用になっていくと思います。

なので今の内から隙間時間が出来たら、将来に向けていろんな事の情報をインプットし、行動を起こしておいた方がいいです。

従来の正社員という1つの収入の柱に縛られるのでは無く、副業や投資などの2つ3つ収入を確保していく事が必要な時代という事です。

「時代が変化するなら自分も変化しなと!」ですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!