スポンサーリンク

中高年でもわかる新しい生活様式に対策次々にオープン新居酒屋形態

スポンサーリンク

共存するという考え方での新しい生活様式

スポンサーリンク

共存の道しか今は無い

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

現状の感染騒動は未だ対抗できるワクチン・特効薬が無い為に、人類は共存する選択肢しか生活を営む事しかできません。

経済も同じで従来の形態では成り立たない経営モデルも、出てきてるのが現状ですね。

とはいえこの指をくわえていては何も始まりません。

以前のような生活には戻れませんが、以前のような生活にはできます。

これが共存という道になり、「新しい生活様式」を取り入れた生活になりますね。

今回はそんな「新しい生活様式」に早くも対策をとり、新しい経済の一歩を踏み出した企業があるというニュースを観たので、今回の記事はそこに私なりの深堀をしていきたいと思います。

新しい生活様式の対策

もう皆さんもこの「新しい生活様式」という言葉は聞いた事はあると思います。

この中に「これからの生活をしていくには、何に注意していけばいいのか」などの内容が詰まっていましたね。

現状の共存の道の中で、私達に何ができるのかを考え、それに合った対策をし生活をしていかないといけません。

しかしこの「新しい生活様式」というのは、いろんな制約が多くこれに沿った生活はかなり大変で、それに対応した価値観や今までの常識を変えていかなといけません。

新しい生活様式の企業の対応

今回ニュースで取り上げられていたのが、今回注目する「新しい生活様式」へ対策を取り入れた企業が早くもいるという事です。

基本人との触れ合いや3密・ソーシャルディスタンスなどを考慮するのが難しいと言われてる、居酒屋さんで新しい方式のお店がオープンしたというニュースでした。

この新しくオープンした居酒屋さんは、従来のような形態では無く、お店は個室でテーブルの上には透明の間仕切りが個別についていて、注文はタブレット、配膳は個室の前まで、会計はキャッシュレス決済で、店員とお客さんとの接点大幅に無くした方式になります。

このようにするだけでも、店側と客側での感染リスクは減り、お店としてやっていけそうです。

また飲食店での配膳をロボットに変えたり、広い敷地の掃除をロボットに変えたり、テイクアウト方式に経営方針を変えた企業や、IT企業などは速くも社員全員をテレワーク・在宅ワーク・リモートワークにして、都市部の高い家賃のコスト削減で会社の賃貸契約を解約する企業も出てきています。

今始まったばかりなので、この方式もいろいろ問題点は出てくると思いますが、「トライ&エラー」をして試行錯誤していかないと、この先は生きていけません。

どうしても以前のような価値観を持っていると、絶対に出来ないですがそこをどう変えていくのが鍵だと思っています。

しかし現状はそんな余裕は無い!

今経済は全く機能していません。

そしてその日の経営でさえ苦悩している経営者ばかりなので、新しい形態する体力が無いのが現状でもあります。

なので一刻でも早く、大企業・中小企業・零細企業全体的に補助し、このような新しい形態変えていき、経済を立て直ししていかなと思いますね。

とりあえず今は、これ以上会社を1つも倒産させないようにするのが急務です。

そうしないと、体力がない企業は保証が無いまま、立て直し経営が出来ないまま、経済の中から消えてしまいます。

そしてその雇用も無くなり、失業者も増え路頭に迷う人たちが増えてしまします。

その背後には家庭があり、未来を背負う子供がいたりで、未来の日本さえも先細りしてしまいます。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!