スポンサーリンク

中高年でもわかる新しい生活様式での経営変化もうオフィスいらない

スポンサーリンク

都市部の高い会社のテナント料のコスト削減

スポンサーリンク

新しい生活様式での変化

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

「新しい生活様式」で新しい企業の変化も所々見えてきてる昨今ですが、いよいよ新しい波が起きています。

どうしても現状だとワクチンが無い為、人との触れ合いや3密・ソーシャルディスタンスを守る行動をとらないといけない世の中になりました。

そこで注目されたのが当ブログでもいろいろ紹介した、テレワーク・在宅ワーク・リモートワークです。

この働き方はメリットが多いのが特徴で、少なからずこれからの働き方の一つになっていくでしょう。

そこで今回の注目するポイントは「都内での大きなオフィスはいらない」というキーワードになります。

従来の価値観や考え方だとオフィスが無くなったらどうやって経営するのか?まったく社員が出社しなくなって会社として機能するのか?これからの社会の変化という所を、私なりに深堀していきたいと思います。

従来の価値観は捨てる

まずはこれに尽きます。

「従来の価値観を捨てる」

今は感染との共存の道しかないのが現状ですね、そして従来の考え方ではこの共存はできません。

なので、今企業に問われるのは、新しい経営の変化になります。

そこで早く動き出したのが、やはりIT関係になります。

今回の感染の特徴からしても、IT系の企業には対応しやすい環境になっています。

基本インターネット環境とパソコンさえあれば経営として成り立つ部分が多く、経営する上で人との距離はさほど問題では無い所が強い所ですね。

社員達のコミュニケーションはオンラインで会議なども取れますし、納品などのインターネットを通して出来たりと、人と直接会わなくても会社として運営できるのもこの「新しい生活様式」にあった業態です。

企業の変化

上記を踏まえて今の危機状況の対策したのが、「脱オフィス」です。

過去記事の「中高年でもわかるFAXが廃止できない理由とIT化への日本の未来」という記事も触れましたが、皆さんも名前は聞いた事があるTwitter社が下記のような決断をしました。

感染拡大に伴い、在宅勤務が世界的に広がる中、アメリカのツイッター社は、流行が終息したあとも、希望する社員には恒久的に在宅勤務を認める方針を示しました。

出典:NHK ニュースより

この流れは日本でも起こり始めていて、先日ニュースにもなった日本のIT企業も家賃の高いオフィスを解約し、社員全員テレワーク・在宅ワーク・リモートワークにしたというニュースでした。

これにより、経営者側は大幅な経営コストの削減と、社員側は通勤というストレスの解消と時間の有効化なども図れて、双方にメリットだらけになります。

なので経営者は地方の家賃の安い小さな場所を、借りるだけでいいのです。

それでは「社員同士は全く直接会う事は無いの?」という疑問になります。

その点もコワーキングスペース・貸しスペース・オープンオフィス・シェアオフィスなどの、ちょっとした会議スペースを貸してくれる企業があるので、そういった場所のシェアできる所を必要な時だけ時間でレンタルし、直接会って会議などするようにする事ができます。

従来の考え方は捨てて

とはいえこんな事出来るのは「どうせIT関係だけでしょ」という声が上がってきそうですが、そこも従来の価値観は捨てて変化する事が大事です。

例え今はオンラインを使用した事ができない業務形態も、従来の考え方を変えれば、本来なら人と会わないと成り立たない業務も、人と会わないようにする事もできます。

例えば「賃貸のオンライン内覧」「商品を売る為のオンライン接客」「個人・集団学習塾」「無人コンビニ」「TV番組」「病院の夜回り」「受付をロボット化」「飲食店での料理の配膳」など本来なら人と人が直接会って成り立つ業務も、オンライン上で解決できるようになったりします。

海外出張や世界・全国の社員が集まる会議などもオンラインで出来る時代です。

いろいろな対策次第では、今の「ピンチをチャンスに変える時期」とも言えますね。

これからも新しいモノがドンドン生まれてきます。

「AI」「ロボット」「自動運転」「ドローン」「5G」「VR」などこの中だけでもいろんな可能性を秘めてる産業です。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

うぇすてりあの田舎へ移住計画
うぇすてりあの田舎へ移住計画
https://wisteria-room.com/news/new-bar/

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!