スポンサーリンク

中高年でもわかる駐車場パパとは?一人になれる場所をもとめて

スポンサーリンク

帰る家があるのに帰らない父親

スポンサーリンク

駐車場パパとは

最近のニュースで上がった「駐車場パパ」という話題を今回は取り上げてみました。

この「駐車場パパ」というは、昔ある一つの違った形でもありました。

仕事が終わっても家にまっすぐ帰らず、居酒屋に行って一人で飲んで時間を潰して、家族が寝る頃に帰宅する人、一人公園で缶ビールを飲んでから帰宅する人などいました。

そして今出てきた「駐車場パパ」は最近の感染騒動にも影響していて、在宅で家で仕事をする人も出てきて、一日中家にいるというのが苦痛なパパさんが増加してるようです。

本来なら外にいって、パチンコや釣りや散歩など気軽にできた事が、感染リスクの事もあり気軽に外に出にくい世の中になっています。

そこで家ではない、自宅の駐車場に止めてる車の中で、仕事や読書やネット動画を観る人が増えてるようです。

自宅の駐車場なら

自宅の駐車場の車内ならある程度の外部の音は遮断され、一人になれる空間ができます。

車の窓は100均などで売ってる銀の断熱マットや、ホームセンターで売ってるプラスチック段ボールなどで、視界や光を全面カットし集中できる環境をつくる事も大事です。

そしてすぐに自宅に戻れるので、Wi-Fiは届くし、トイレも行けて、冷たい飲み物も取りにいけば自宅の冷蔵庫にあるなど、まるで自分専用の書斎のような使い方をしている人が増加しているようです。

もちろん車のエンジンは掛けないので、これからの季節はきつくなりますが、電源を家から引いて扇風機を回したり、ポータブル電源を利用すれば車内の中でも電気は使える時代ですからなんとでもなります。

たまには一人になる時間は大事

人間だれもが、一人になる時間は必要でその時間でストレスは解消される事ができますよね。

普段考えない事も、一人ならじっくりと考えたりして頭の整理ができ、頭がスッキリします。

自分の部屋や自分の書斎などある人ならいいけど、なかなか父親の立場になってしまうと、子供優先になってしまい、自分に空間が持てない人は多いですよね。

だからこそこの「駐車場パパ」はいい事だと思います。

都内だとなかなか車をもつ事さえ難しいと思いますが、郊外の人ならこういった行動に移って一人の時間をつくる事もおすすめですね。

環境を変えるだけでも、考え方など新しい発見ができるのでおすすめです。

これからの将来設計

特に今は世界情勢はまったく安定がしていない状況ですね。

そんな時代が時代だからこそ、この先の自分の将来を見直したり、家族の将来設計を考えなおしたりする事はとても大事になってます。

今は昔でいう普通に定年退職まで働いていける保証は、一切なくなってしまった時代です。

そこで今自分に出来る事を考えて、労働に対する考えや老後の考えなど情報を、ネットや本から学んで、今なにをするべきか考えて必要があります。

この「駐車場パパ」などで一人の時間を作り、これからもし世界的大規模の不況がきたら、どう対応するかの対策を練る事も考えて行動していた方がいいでしょう。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!