スポンサーリンク

ペットボトルのラベルレスが主流になりつつあるプラスチック削減

スポンサーリンク

ケース買いの時のペットボトルのラベルは要らない

スポンサーリンク

プラスチックゴミ問題はこういう所から

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

経済産業省は2020年7月1日に、レジ袋の有料化をスタートしました。

これに伴い私たちはスーパーやコンビニなど買い物をする際は、マイバックを持つようになりました。

しかしこのレジ袋有料化の皆さんの声は「誰得?」「結局家庭での小さいゴミ袋が無いから、ビニール袋を買って出費になってるし、相変わらずゴミとして出してる」「必要分しか買わなくなった」「コンビニでのレジが混雑するようになった」「万引きが増えた」などいろいろな課題が出てしまっていますね。

正直このレジ袋の削減の前に、もっとプラスチックのゴミ問題は違う観点から進めればよかったのでは?と私は思っています。

そこで現状のプラスチックゴミ問題で、削減する動きがみられ始めてるので、今回は私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

レジ袋が無い不便さ

レジ袋の有料化が始まる前は、部屋のゴミ箱に丁度いいサイズで使えていたのが、スーパーやコンビニで貰えていたレジ袋でした。

これにより、ゴミをサッと捨てる事ができて大変便利でした。

しかしレジ袋が有料化になりマイバックを持つ事により、レジ袋の再利用が出来なくなり、結局ホームセンターで100枚入りなどの、ビニール袋を買う事になりました。

これは私だけでなく、いろんな人が同じような行動を取っていて、一時期100均やホームセンターのビニール袋の売り場では丁度いいサイズのビニール袋は売り切れになっていました。

結局このような形でビニール袋のゴミは出てしまいます。

そしてビニール袋を購入するという出費も増えてしまい、正直皆さんも困惑していますよね。

冒頭でお話しましたが、それ以外にも多くの課題が出てきましたよね。

その中レジ袋とは違った所での、企業努力でプラスチックゴミ削減の動きが見られてきましたね。

プラスチックゴミ削減の動き

出典:日本コカ・コーラ公式

コーヒーのテイクアウトなども、プラスチックのコップから紙のコップに変わったり、ジュースのストローも紙製に変わったりしていますよね。

そして最近ではペットボトルのラベルレスも登場していますね。

これは段ボールなどのケース買いに限られますが、その中のペットボトルのラベルはついていません。

これによりわざわざペットボトルからラベルを剥がすという手間も無くなり、大変便利になりました。

ペットボトルに直接リサイクルマークをエンボス加工で付ける事でラベルは要らず、内容成分などは段ボールに一括表示で解決という事です。

これで1本1本ついていたラベルのプラスチックゴミが無くなり、環境にもいいですよね。

箱買いしてわざわざ1本1本ラベルの確認なんて、家庭ではしませんからね。

実際私が定期購入してるペットボトルの飲料水も、かなり前からラベルレスになっていました。

企業の方も大幅なコストカットができて、消費者とのWin-Winの関係性ですよね。

プラスチックゴミ問題は双方が便利なのがベスト

このように企業と消費者がお互い便利で、コストカット・手間カット・ゴミカットできる事が、一番プラスチックゴミ問題の削減としては進みますよね。

それに比べてレジ袋の方は・・・

って感じですよね。

もう少し良く考えてからレジ袋も削減できるようなシステムにしてから、レジ袋の有料化に踏み切るべきだったかなと思います。

この先も過剰包装を無くしたり、なるべくプラスチックの代替えができるモノに、移行したりするアイデアや開発を期待したい所ですね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!