スポンサーリンク

中高年でもわかる夏の気になる感染対策耐水プール用マスクとは

スポンサーリンク

プールでの指導する場合も感染対策

スポンサーリンク

プールでも使用できるマスクが好評

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今はいろんなマスクも派生していき、手作りマスクや冷えるマスクやフェイスシールドなど個人・各社アイデアを出して新商品が出ていますね。

そして先日ニュースでプール用のマスクが大好評で売れてるいるというので、今回はこの「プール用マスク」を私なりに深堀していきたいと思います。

これから夏のプール指導

感染騒動になっての初めての夏を向かる事になります。

感染対策にはマスクは重要という事も最近世界でも認知されてきました。

それと同時にマスクもいろんな進化を遂げてきてますね。

そんな中今回のマスクは「プール用マスク」です。

このプール用マスクは主にインストラクター用として、プールでの泳ぎの指導の時に活躍するとして、商品開発をして今売れているとの事です。

令和2年5月22日のスポーツ庁の業務連絡によると

学校環境衛生基準(平成21年文部科学省告示第60号)に基づき、プール水の遊離残留塩素濃度が適切に管理されている場合においては、水中感染のリスクは低いと指摘されております。

出典:スポーツ庁 より

このようにしていますが、やはりプール内でも教わる側も教える側も、なかなか近距離で手を取り合っての指導は怖いし難しいですね。

株式会社Rockin’Pool

今回ニュースで取り上げられている、プール用マスクは株式会社Rockin’Poolさんで販売しているようで、かなりの注文が殺到しているとの事です。

■マスクの特徴

・前方への飛沫を100%カット

・濡れても十分な呼吸ができる安心耐水構造

・表情が見える透明仕様

・5時間連続で装着しても痛みが発生しにくいソフトタッチ仕様

・洗って繰り返し使える長持ち仕様

・ゆっくりであれば装着したままでも泳げる流線型構造

出典:株式会社Rockin’Pool HPより

このように特徴を見てみても、大好評になる理由がわかりますね。

また生産も国内生産で安心して使う事もできそうですね。

進化する多様化するマスク

マスクやフェイスシールドは、これから先もいろんな進化を遂げていきそうですね。

これから夏本番にあたって隠れ脱水やマスクによる肌荒れなどの問題も出てきてるので、夏のマスク着用は注意していかなといけません。

夏にマスクなんて、経験はあまり過去になかったですからね。

無理せず周りを見てひと気が無い時はマスクを外して、休憩を入れる事も夏は必要になりますね。

それに合わせてより夏にマスクがしやすい商品がドンドン出て、良いモノを子供からお年寄りまで安全に着けれるようにしたいですね。

今年も熱中症と脱水症には十分気を付けて、過ごしていきましょう。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!