スポンサーリンク

中高年でもわかるレジ袋・買い物袋の有料化の開始日?コンビニは?

スポンサーリンク

プラスチック製買物袋を扱う小売業の全てが対象

スポンサーリンク

レジ袋有料化はいつから?

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

これはずっと前から言われていた決まり事で、とうとうその日が近付いてきました。

もうすでにレジ袋を有料化してるスーパーなども多くいますね。

そして、それを知らずに買い物をすると、車の中にはマイバックがあるのですが、レジで気付き後ろの人も並んでるので車まで取りにいけず結局、レジ袋を買う事になってしまう事もあります。

では実際いつからこのレジ袋の有料化が本格化するのかといますと、2020年7月1日(水)開始となっています。

なんでレジ袋が有料になったか?

プラスチックは、非常に便利な素材です。

成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。

一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。

出典:経済産業省 HPより

要は環境に配慮しましょうという、世界情勢の観点からもこの流れができた感じですね。

環境に良い事は大賛成ですですね。

そして個人でのエコ意識も高まる事も良い事ですね。

しかしコンビニやスーパーのレジ袋は、買い物えおする時も便利で、家に帰ってからもこのレジ袋の使い道はゴミ箱にセットしたり、三角コーナーの生ごみを捨てる際の匂い防止など、頻繁にあり助かっていましたね。

レジ袋の有料化の対象業者

このレジ袋の旗振りは経済産業省になります。

レジ袋の対象者は下記の業種に定められています。

各種商品小売業、織物:衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、自動車部分品・附属品小売業、家具・じゅう器・機械文具小売業、医薬品・化粧品小売業、書籍・文房具小売業、スポーツ用品・がん具・娯楽用品・楽器小売業及びたばこ・喫煙具専門小売業

出典:経済産業省 HPより

これを見るとほぼ現在レジ袋で買い物できた所は、有料化の対象になっていますね。

レジ袋の対象になるモノとならないモノ

従来のプラスチック製の袋系は有料化の対象になっています。

そして対象外の袋は紙袋・布の袋・持ち手のない袋が対象外になっているので、お店によっては紙袋で対応してくれそうですね。

昔のイメージで、よく紙袋からフランスパンがはみ出てるイメージが強いのは、私だけでしょうか?(笑)

また上記の様なレジ袋なら対象外になるようです。

■フイルムが厚手(50マイクロメートル以上)で繰り返し使えて地球に優しい。

■微生物によって海に流れても分解されるモノ。

■配合率が25%以上のバイオマス素材(CO2総量を変えない)のモノ。

有料のレジ袋はいくら?

中には「別にレジ袋代は気にしないから、従来のレジ袋に入れてくれ」とい方もいると思います。

とくにコンビニで買い物をする層は毎回、マイバックを持っていくのも大変ですよね。

コンビニはいろんなサービスがあり、手軽で便利だからこそ利用してる人が多いと思います。

そうじゃなければジュース買うのに140円で買うより、スーパーやドラックストアで買えば100円以下で買えるモノのありますからね。

その差額を考えたら、レジ袋の3円~5円なら払ってもいいだろうという感覚もわかります。

ではレジ袋は幾らと決まっているかというと、経済産業省のHPを見ると、決まりはなくその事業者によって決めていいようですね。

価格も売り上げの使途も、事業者自ら設定することとなります。
ただし、1枚あたりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは有料化にあたりません。

出典:経済産業省 HPより

マイバックと万引き

この話題は前から出ていたし、すでにレジ袋を有料化してる店舗もあるので、マイバックは常に車に積んでいます。

そして今年に入って、コンビニ用に小さい保冷タイプのマイバックも購入しました。

しかし小売り業を過去経験してる身からすると、このマイバックって万引きの危険度が高まりますよね。

お客様が気にして無く無意識にカートにマイバックの口が空いてる状態だけでも、小売り業からしたら注意しないといけませんからね。

そこがまた小売り業の負担にならなければいいのですが、このレジ袋有料化がスタートしてから、ニュースで万引き増加の話題が出ない事を願いたいです。

とりあえず2020年7月1日からはマイバックは必要な時代になりました。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!