スポンサーリンク

ソニーとマイクロソフトがクラウドゲームに参入!いよいよ手を組む

スポンサーリンク

ソニーとマイクロソフトがいよいよ手を組む!

プレイステーションとエックスボックスが未来へ

とうとう!この2大コンシューマー機で争っていたメーカーが手を組む事がわかりました。

2019年5月17日未明(日本時間)に、このニュースは飛び込んできました。

発表によると、このソニーとマイクロソフトはゲーム分野とAI分野でのゲーム制作の提携の意向確認書に署名したとされている。

ソニーはゲーム分野・マイクロソフトはコンテンツストリーミングサービス分野を生かして、「Microsoft Azure」の利用をして、プレイステーション・エックスボックスやコンテンツストリーミングサービスをサポートする「Azureベースのクラウドソリューション」の共同開発を進めていくそうです。

長年このプレイステーションとエックスボックスは覇権争いをしていましたが、とうとう手を組んで開発するそうで楽しみです。

この両者はマイクラなどでも大きな溝があり、なかなか同じプラットホームで遊ぶ事も出来なかったが、これを機にいろいろな両者の溝が埋まっていけばと思います。

前回の私のPS5の開発記事の中の「他社のゲーム開発」の部分でも触れましたが・・・

やはり、マイクロソフトはクラウド型ゲームの開発もこのように進めていたのですね。

マイクロソフトのAzureとは

Microsoft Azureは大きく分けて3つで構成されています。

Compute・Storage・Fabric

Compute

計算資源を提供するサービス

・Storage

スケーラブルなストレージ サービスを示唆

・Fabric

Fabric Controllerで個々のシステムのリソース、複製、ロード バランシング、アプリケーションのライフ サイクルをホストしているアプリケーションが明示的に対処することなく自動的にネットワーク中に共同で使用するようにする。

又、ストレージサービスのような部分のアプリケーションが必要とする多種のサービスを提供する。

対Googleの「STADIA」と米Appleの「Apple Arcade」

これで先日発表したGoogleの「STADIA」米Appleの「Apple Arcade」の対決も見ものになりました。

クラウドゲームはどういう方向になっていくか楽しみでしょうがいないですね。

ただ、ソニーは先日PS5の開発の話もしていたのでその動向も気になりますね。

PS5がこのソニーとマイクロソフトが業務提携を結んだクラウドゲームの何かに関わってくるのか?それともPS5は変わらずで、新たにクラウドゲームというなにかを作るのかは、わかりませんが、続報を待ちたいたいですね。

やはりこのゲーム業界も近々革命的な変化があることは間違いなさそうですね。

まとめ

いろんなゲームのイノベーションが起こり始めるこの先の時代

私はゲームウォッチ→SEGA(SG-1000)→ファミコンから今まで、このゲーム業界をみて来ました。

この流れを実体験できてる事に感動です。ゲームの進化には毎回驚かせられます。

できればゲームでのVR/ARのこの先の進化も見て、遊んでみたいたですね。

また気になる続報が入りましたら記事にしていきますね。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!