スポンサーリンク

需要が高まる書斎テレワークなど在宅の仕事で未来の間取りに変化

スポンサーリンク

家でも集中して仕事やweb会議がしたい

スポンサーリンク

住宅の間取りのこれから

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今はテレワーク・在宅ワークの働き方が急増しています。

実は数年前から働き方改革は進んでいて、早期退職や終身雇用の崩壊など騒がれていましたが、今回の感染問題で一気に働く常識の流れが変わっています。

テレワーク・在宅ワークは通勤ラッシュのストレスも、通勤にかかる時間や費用も抑えられるので、経営側も雇用される側にとってもメリットがあり、お互いにいい環境になる事で加速してる働き方改革の一つです。

急な働き方の変化のテレワーク・在宅ワークだけに家で仕事をしていると、困る課題もいろいろ出てくるものです。

その中で前にも似たような記事にした事がありますが、集中できる仕事スペースの確保になります。

私も家で一日中パソコンに向かって、調べものや勉強やブログを書いているので、家でのトラブルはいろいろあります。

今回はテレワーク・在宅ワークで仕事をする上での、困る課題と専用スペースについて、私なりの解説と深掘りをして記事にしたいと思います。

テレワーク・在宅ワークでのデメリット

いくら通勤がないなどのメリットもありますが、やはり良い事ばかりではありません。

家で仕事をしてると、いろんな誘惑やトラブルが出てきます。

・家族やペットが干渉してくる

・仕事お大切なweb会議中に家族が喋りかけてくる

・TV・ゲームなどを観てしまい仕事に集中できない

・仕事に対してのONとOFFの切替が難しい

など、どうしても家で仕事をする時の課題は出てきます。

その解決方法の一つが仕事が集中できる環境(スペース)になります。

不動産の間でも変化する間取り

このテレワーク・在宅ワークで、仕事に集中できる環境(スペース)の需要が高まる中で、今住宅を作る際に書斎や仕事できる小部屋の要望が増えているようで、従来の家の間取りに変化が生じているとの事です。

確かにこれから家を建てようとする人からすれば、どうせ建てるなら仕事で使える書斎・小部屋があると相当便利ですよね。

しかもある程度密閉で防音機能が付いていれば、外部との干渉も無く、仕事に対してのONとOFFもでき、web会議も落ち着いてできるようになりますね。

そこで今不動産業界はこれらの間取りを提案できる、家の設計にシフトしています。

過去にも記事にした、帰宅後すぐに手を洗える環境変化「玄関に手洗い場がある住宅」もそうですけど、これからの急激な時代の変化に家の間取りも変化してきていますね。

なのでこれから家を建てようと思う人はこういった新しい要素も、視野に入れて物件を探したり、家の設計の計画に入れておかないと、住んでから後悔する事にもなるので、常にアンテナを張って情報をインプットしていきたい所ですね。

まとめ

そして今は働く場所も都市部でなくても、地方や首都圏の近場の土地で仕事をする事も、可能になっていく為、都市部の土地代にかかる費用をこういった新しい間取りに予算をかけてもいいと思います。

私も若い時は満員電車の経験をしていて、その頃からこの満員電車には疑問に思っていて、なんて非効率な通勤なんだろうと思っていました。

また休日も一斉に休みよりも、時間を上手く利用した変則的な休日を取る事で、観光地をまんべんなく人が来て賑やかになり、高速などの無駄過ぎる渋滞の時間も軽減できますからね。

ランチも一斉に12時と決めずに柔軟な時間でランチができれば、お店にいってお昼のご飯を食べる時も、せっかくの1時間の休憩も半分位行列の待ちで潰れてしまう事になってしまいますが、時間がずれればその空いた時間を有意義に過ごす事もでき、午後の仕事の効率も上がる気がしますね。

もちろん休みの日や時間を一斉に取る事のメリットも多くありますが、私はずらした方がいろいろといいと思っています。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!