スポンサーリンク

女子会&井戸端会議などオンラインで安全に家でお喋りがおすすめ

スポンサーリンク

道路族など自覚の無い人でも、もしかしたら・・・

スポンサーリンク

自覚が無いために

こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です!

今回の騒動でかなり気を付けないといけないのは、本人に自覚が無い為に「いつの間にか人にうつしてるかもしれない」という点。

喋ってる相手が見かけだけで、「元気そうだから…この人は病気になって無さそうと、思ってしまう事」が危ない点ですね。

その為に、ここまで世界的に拡大する要因になってる一つと言われていますね。

道路族とは

知ってる人は知ってる単語で、知らない人は知らない単語の一つだと思います。

最近ではニュースでも取り上げらるようになり、認知度も高まっています。

道路族は、道路上で日常的に長時間に渡って遊ぶ子供とその親。

いわゆる遊びにとどまらず、バーベキューや花火といった行為をする人々も含む。

隣家の敷地や駐車場へ入りこむため、物損を起こすこともあり、彼らの発する奇声によって精神的失調を惹き起こされるケースもある。

また道路遊びを注意した隣人にとの間でトラブルがエスカレートするケースもある。

警察や自治体が介入しても解決は困難である。

その為、道路族をさけるために隣人が転居するケースもあるという。

新たな社会問題としてメディアで取り上げられて注目を集めるようになった。

出典:wiki より

井戸端会議・道路族のリスク

現状未だに、道路上で何人か集まって井戸端会議や道路族を、自覚無しにしてる人も多くみられます。

もちろん、外出自粛で家に居てもストレスがたまり、誰かとこの辛さやストレスの話を共有したいのはわかります。

・少しだけならお喋りしてもいいかな?

・家に居ても暇

・子供を少し外で遊ばせたい

・話をしてストレスを発散したい

・騒動前からこの時間は井戸端会議をしてるので今さら断り辛い

などいろんな理由はあると思います。

しかし!

現状、喋ってる相手が実は「陽性の方」だったらどうしますか?

その人の旦那さんが、仕事先でうつっていて「自覚なく、その奥さんにも・・・」

って考えたら井戸端会議・道路族自体、かなりリスクがあると思いませんか?

もちろん自分が実は、自覚の無い「陽性の場合」でも同じ事です。

井戸端会議・道路族と子供

そしてよく目にするのが、井戸端会議・道路族の近くで子供同士マスク無しで、遊ばせてるのも「かなり危険な行為」だと思いませんか?

子供が大事と思うなら、まずどんなに子供が室内遊びに飽きてうるさくても、井戸端会議・道路族の所には居させないと思います。

もし子供が「外に出たい!」と騒いで大変なら、他の人が居ない屋外で家族内でストレス発散する事をした方が安全でいいと思います。

井戸端会議・道路族の騒音問題

住宅地などで井戸端会議・道路族などすると、思ってる以上に喋ってる音や子供のボールの振動などは室内にいても響いています。

中には住宅街にもかかわらず、道路に椅子やテーブルを置いて軽いBBQなどする人もいるようで…

これは昔から騒音問題などの、かなりの迷惑行為だと思ってる人が多いです。

しかし当人たちは気づいていない、もしくは「これくらいの音はしょうがない」と思ってる人がいるのも事実ですね。

そして今は外出自粛要請が出てるのに、わざわざ外に出て話に夢中になったり、子供同士で遊ばせて居たりと、当人達が気付いていない「音」を、出してるという事に気付いてもらいたいですね。

今は家で仕事をしてる人、中には医療従事者で夜中まで働いて昼間寝る人だっています。

もちろん医療従事者の方以外にも、物流業界や小売りなどで夜中働いて、昼間疲れて寝てる人もいます。

そんな所で、騒音を出してまで井戸端会議・道路族をするのは、どうなのかなと思います。

なるべく住宅街の道路ではなく、家族単位で外の公園や自然のある空いてる所で、リフレッシュした方がいいと思います。

子供を守るのは自分

現状全世界の頭の良い方達でさえ、この感染や正体の詳細はわかっていません。

それなのにごく普通な私達大人がわかるわけありません。

ましてや子供はそこまで現状の危険を認識してない子もたくさんいます。

その中でも私達大人は、この感染の気を付けない事は少しでもわかる事はあります。

(3密やソーシャルディスタンスなど)

親は子供の命を守る事が優先!

親の都合で子供も危険にさらして、いざ子供が発症してからでは遅いです。

後悔しても後悔しきれないと思います。

お喋りは大事

しかし親も家にずっと居てもストレスがたまり、誰かと現状の会話をしないと、孤独感や不安でいたたまれないですよね。

人と話す事は心のストレス解消になりますから、井戸端会議や女子会のようなお喋りする場所はこんな時だからこそ大事だとも思います。

そこで最近話題になってる、「宅飲み」「オンライン飲み会」などで注目を浴びてるオンライン上でのお喋りがおすすめです。

最近だとSkypeやzoomなどのオンライン会議で使うアプリなんかを利用して、コミュニケーションはとりやすくなっていますね。

オンライン井戸端会議&女子会

従来の井戸端会議は外で行う為に、お喋りの騒音の為に近所迷惑、夏は暑い、冬は寒いなどいろんな障害もあります。

そこで、最初に時間を決め「〇時〇分に集合ね」と言っておけば、先ほど紹介した「オンライン飲み会」を昼間の井戸端会議にするだけで、家に居ながらグループ(多人数)で「オンライン井戸端会議」ができるのです。

そうすれば近所の人はもちろん、少し離れた所の奥さんなどとも、井戸端会議ができるのです。

もちろん感染リスクはもちろんありません。

そして家に居る為、気温の辛さはありません。

騒音をだして迷惑かけてるという近所の目もありません。

もちろんこれは井戸端会議に限定した事だけではなく、お昼過ぎの「午後のお茶タイムでの女子会」や、夕飯後の「女子の宅飲み」でもいいです。

ある程度時間は決める

ただしこのオンライン飲みなどの付き合いは、どうしても長時間になる事が多くなってしまう事も事実なので、ここはある程度線引きをする事が大事です。

最初にある程度の「終わりの時間を決める事」や「参加自由」「途中離脱自由」などしないと、参加したくない人や、お喋りするなら違う時間に使いたいけど・・・付き合いだからという人などいます。

そこを参加強制や暗黙の了解にしてしまうと、かえってストレスがたまる環境になってしまいまいます。

逆に雨が降ろうが、寒かろうが、暑かろうが、こういった事が24時間365日出来るからこそ、お互いの心使いも必要だと思います。

これから先オンライン○○は増える

すでにこのオンライン○○で、「オンライン診療」「オンライン学習」「オンライン飲み会」など流行りつつあるので、従来の居酒屋さんや学習塾などは危機を感じてると言われています。

この騒動が落ち着いても、オンライン飲み会などは、より盛んになる市場でしょう。

家でみんなと飲めるなら、いつ寝てもいいし、帰りの心配もしなくていいなどメリットが多いですからね。

このように今時代は大きく変わる時期です。

そこで今に時代や流れについていかないと、いつの間にか時代に取り残されてしまいますね。

当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。

内容も多岐に渡り、「在宅ワーク」や「副業での稼ぎ方」や「親の介護」や「ミニマリストの考え方」や「お金の節約の仕方」や「ファミコン」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。

これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらの(@wisteria_)Twitterからも、告知する場合もあります。

合わせて読みたい記事

<<HOMEに戻る

スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!