#7【車中泊おすすめ人気車試乗 N-VAN考察】

スポンサーリンク

私がN-VANを車中泊におすすめする訳

私は以前仕事で従来の商用車バンと言われる

ものにずっと乗っていたので車中泊で

使うに当たってのメリット、デメリット

参考になるかと思います。

・商用車でありながら充実した装備

前回私が商用車なので諦めていた装備関係が

充実していると、お話したと思いますが。

このN-VANにはフルオートエアコン、

スマートキー、キーレス、集中ドアロック、

プッシュエンジンスタート、電動格納式

ドアミラー、パワーウィンドウ、CVT、

ひじ掛け、など挙げたらキリが無い位装備が

充実しております。基本商用車は仕事用で

使用する目的な為快適さよりも実用性と

価格重視なのでいろいろ快適装備が

削られておりいろいろ妥協が必要でした。

現状普通車の装備に慣れてると当たり前

のキーレスが無かったりドアミラーの

電気制御だったり普通に乗るにあたって

ストレスがたまる所・・・

このN-VANはちゃんと装備されてる所が

ポイントです!

しかも大体全車標準装備が多いので車体価格

に含まれているです。

この些細な装備が地味に嬉し過ぎます。

私は商用車ならではの快適装備無し

自家用車仕様の快適装備が充実してるの

軽バンで悩んでました。

自家用車だと普段使わない後部座席の充実

とか、純正ナビなど、いらない装備まで付い

てしまって値段が高くなってしまいます。

基本私一人しか乗らない為ゆくゆくは後部

座席を取っ払って構造変更の手続きをして

2名乗車仕様にしようとも考えております。

そして後部座席や純正ナビなどそれらの装備

が今後の車中泊用の改造をするにあたって

邪魔になる事もあるので、だったら妥協して

商用車にしようかと長年悩んでました。

エンジンが前方にあるメリット

このN-VANはエンジン関係は普通車の様に

前方にエンジンルームがあります。

外側からエンジンルームにアクセスできます。

なので通常の商用車では考えられない

メリットが増えました。

まず駆動方式が前輪(FF)になり床下の

低床化に成功これにより乗り降りが楽になり

荷物の出し入れも楽になり床のデコボコの

ないフルフラット化も実現、シート下からの

エンジン騒音振動やエンジンの熱(夏は

シートが熱くなる)などがなくなります。

そしてメンテナンス時に従来の商用車だと

後部の方に点検口だったり運転席を倒して

エンジンルームにアクセスしていたので

どうしても車中泊するためにせっかく

パイプ組んだり、木材で空いてる空間を

アレンジしてもこのエンジンのアクセスを

考慮した作りをしなといけなかったのが気に

せず思う存分改造が出来るようになります。

車検とかオイル交換とかする際この部分を

開けなくていけないので改造範囲に制限

かかります。

なので外側にエンジンルームがあるとそれら

の制限が無くなるのでより内装を自分好みの

車中泊改造が楽しめます。

2層構造による快適な車中泊

これで私がやりたかったフルフラット面に

下地を底上げをして下を収納スペースにして

上を居住スペースにして荷物も積んで上で

快適にくつろげるスペースの2層構造

できます。

今年のキャンピングカーショーもハイエース

など大型のキャンピングカーは2層構造

仕様が多くなり2段ベットも出来る仕様と

なっており2層構造はいろんな面でメリット

があります。

多彩なシートアレンジ広大な室内空間

このN-VANなんと助手席も畳める為長もの

を積んだりそこに荷物をおけるスペースに

したり寝る時の足をのばすスペースだったり

デスクをおいて停車時の作業スペース

だったりと無限のアレンジができます。

床も低床化によりハイルーフ仕様だとかなり

天井も高く感じフルフラットにするとかなり

広くなります。

しかも最近よくありがちのなんちゃって

フルフラットではなくデコボコが無い

スムーズなフルフラットになっています。

すぐに布団を敷いて寝れます(笑)

まさに車中泊に適してます。

これにより折り畳み自転車(20インチ)も

車内に入れて旅をしながら田舎移住先

調べもできそうです。

次回・・・いよいよ試乗日当日のです。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする