#8【車中泊おすすめ人気車N-VAN試乗してきました】

スポンサーリンク

7月某日発売と同時に試乗の予約を取りました。

前回N-VANの考察をしましたが、やはり1回

試乗してみないと乗り心地や実際の社内空間

などわからない事だらけなので試乗&下見は

絶対しておきたかったので早速試乗予約

電話を入れ試乗してきました。

いざ!試乗へまずは車内と装備確認

2018年7月中旬

試乗当日朝一でディーラーに行き担当の方と

雑談をしつつ車中泊のベース車として使って

いきたい事を伝え話は進みました。

商用車なのでほかにどんな人が試乗に来られ

るているか聞いて見た所仕事で使う人(配達)

釣り、バイク目的(趣味)で使う人、など

半々位の割合で試乗に来られるてるそうです。

商用車なのに結構私みたい趣味で来られる方

もやはり注目してるようですね。

まずはこの運手席に座ってみました。

メーターは真ん中がスピードメーター

左がタコメーター(エンジンの回転数)

右が液晶仕様で走行距離などです。

低床の為乗り降りがかなりスムーズです。

乗り心地もシートがしっかりと作られており

「これで本当に商用車なの???」って位

商用車とは思えない快適な運転席周りです。

もちろんサイドブレーキもキック式です。

見てくださいこの商用車とは思えないこの

パワーウインドウ、電動ドアミラー、

集中ドアロックの装備!感動;;

もちろんフルオートエアコンも標準装備です。

嬉しい限りです。シフト左下のフックも付いて

いるので買い物袋もかけれますこういうさりげ

ない装備もポイントですよね。

後ろのハッチを開けるとこの広々した空間

完璧なフルフラット!助手席の折り畳み

奥行たっぷりこれだけ広ければ

車中泊改造の幅が広がります。

水道、排水溝、デスク、ベット、シャワー、

靴箱、収納BOX置き、床、天井収納など

イメージが膨らみますね。

このオレンジの所を操作するだけで助手席と

後部座席の折り畳みが簡単にできます。

助手席を折り畳んだ時のヘッドレスの置き場所

もありスッキリ収納できます。

センターピラーレスによる衝突の安全面

そして大注目この助手席側のセンターピラー

レスこれにより荷物の入れ替えが楽だったり

乗り降りが楽だったり大きな物もこのサイド

から出し入れができます。

気になるのはこのセンターピラーを無くして

横からの衝突による安全性で本来ここに

固いセンターピラーが無いと横から衝突

すると強度が弱く大きな事故に繋がります。

でもちゃんとそこも考えられています。

この場所はサイドドアの所になりますがこの

端に固いピラーが付いているのでドアを閉める

とちゃんとセンターピラーの役割をはたす

そうです。

もちろん助手席のドアの方にも付いているので

両方のドアを閉めるとセンターピラーあるのと

同じになるそうです。

安全面もぬかりがないですね。

ピラーの機能は助手席ドアとスライドドアに内蔵し、高い衝突安全性能も確保しています。【ドアインピラー構造】HONDA引用

ゆくゆくはこの後部座席も外して構造変更の

手続きをして2名乗車仕様にして内部の空間

もより広げ助手席の重さも無くなり燃費もUP

その分重いバッテリーを積んだりこの空間に

靴をしまう場所またはガスコンロ、寝袋、

小物BOXなど収納できそうです。

パッと見た感じだと後部座席は簡単に取れ

そうだったので早く取っ払ってみたいですね。

構造変更はちゃんと手続きしないと後部座席

を取ってる状態だと車検が通りません。

ゆくゆくはこのN-VANの改造記事も書いて

構造変更の手続きなんかも載せていこうと

思ってるで楽しみにしておいてください。

次回・・いよいよ公道での走りの感想です。

次へ>

<前に戻る

<<最初に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする