スポンサーリンク

#1愛するペットが急に亡くなったら…亡くなる前に知っておく事

スポンサーリンク

【突然のペットの死について・・・】

ペットを飼うという事は命を預かるという事

最近猫ブームも起きて猫を飼ってる家も、増えてきてるのではないでしょうか。

私も少年の頃、猫を飼っている時もありました。

納豆を好んで食べる可愛い猫でした。

今回はお役立ちというか困った時の対処方法です。

少し前に私の家でも室内で小型犬を飼っていました。

数年前になりますが突然の死でした。

その時にとった行動なりを記載してなにかしらの役にたてたら幸いです。

私が突然飼い犬が亡くなった時のお話

犬の年齢は15~16歳だったので死因は老衰でした。

それまでは、目も白内障になり、よく柱に頭をぶつけたり、扉にぶつけたり、頭を壁沿いにぶつけながら歩いたりしてました。

少しは見える様でした。

耳も遠くなり呼んでも反応しなくなり、ご飯の時間を教える時は寝床から抱っこをして、ご飯があるのを教えてあげるかたちでした。

いろいろな老化が始まっていましたが、まだ自分で歩けるし、ご飯もお医者さんから処方されたドックフードをお湯で柔らかくしてあげるとよく食べ、トイレも臭いを頼りにトボトボ歩いて自分でトイレをしていました。

鼻はまだ効くようでした。

こんな状態でしたが留守番の時は大声で吠えたりと、元気は元気でした。

なので、まだこれから歩けなくなったり、オムツが必要になったりするようになるのは、もう少し先かなと思ってました。

これ以上老化が進めば、いよいよ「ペットの介護」になるので、現状介護のいろはは、右も左も分からない事なので、もしなった場合困らないように下調べをしている段階で、まだペットの介護に備えてる時期でした。

しかしある日の夜中・・・

私自身のトイレで夜中に起き、ふと床を見ると

【血の混じったドックフードの吐いた後】

がありました。以前から食べたあとにドックフードを吐く事はよくあったのですが、

(病院には報告済みで薬を処方されてます。)

血が混じっていたのは初めてでした。

犬の所に駆け寄ると若干弱々しく寝ていたので、これは何かが、起きてると思いました。

ただどこか痛いくて暴れてる訳でもなく、苦しそうに息が荒くなってる訳でもなかったので、とりあえず布団を被せて、近くに好きなぬいぐるみを添えて休ませました。

その間私はネットで「犬」 「吐血」 「病気」「原因」「緊急」「容態」などなどあらゆるキーワードを入れて現状今うちの犬になにが起こってるか調べました。

そうしたら結構な確率で・・・

【急な吐血=もう死が近い】という状況でした。

お医者さんから定期的に体を診てもらっていたので、歳も歳だから寿命はそろそろ来ると

言われていたので、覚悟はしていましたがやはりショックでした。

時間も時間で夜中の3時、病院に連れていけなく朝一で病院に連れて行こうと、とりあえず寝ずに横に寄り添って朝を迎えようと思い自分のベットから布団を引っ張りだし横で添い寝してました。

それでも自力でトイレに行った一人でちゃんとできたね

朝方の5時位に犬が一人で起き自力でトイレに行き始めました、途中ヨタヨタしながらもトイレをして、寝床まで戻る時に足がもつれコケてしまい、そこを私は抱っこして寝床にまた着かせました。

この時はまだ朝方だった為、病院開始まであと少しだし自力でトイレ行けてるから、なんとか病院いくまでは大丈夫かなと思いました。

この時の朝までの時間が、ほんと長くて長くて時間が経つのが、これほど遅いものかと思いました。

夜明けまで長い道のりだった。

しかし・・・朝7時頃私も少しウトウトしてた時でした…

犬のお腹を見て「呼吸をしているか」見たらまだ弱々しい息使いをしているので

「まだ大丈夫!もう少し頑張ってくれ!!!そうしたらお医者さんに診てもらえるぞ。」

と思った矢先・・・私は、ほんの少し・・・

10分位だったと思う・・・眠気で意識が・・・

飛んで・・・気づいて、また犬のお腹をみたら・・・

息が止まってました・・・

この時「あっ逝ってしまった」と素直に感じました。

亡くなる時は突然の出来事でした。

慌てて心音を確認したり、呼びかけたり、抱っこして起こそうとしても、無反応でした・・・

時間も時間なので心臓が止まっても、病院に連れて行かとも思ったのですが、確実に息が止まり呼んでも、呼んでも、返事がなく、手足の末端は冷たくなっていきました・・・

一応お医者さんにすぐに電話して、この現状を話したらやはりもう亡くなってるので、もし病院に来てもらってもなにもしてあげられないので今日は一緒にいてあげてくださいとの事でした。。。

死期が近い事は知っていたので、この時はまだ冷静というか現実味がないというか、そこまで慌てることもなく、落ちつていたと思います。

そしてこの日は、仕事も連休で休みだったので一緒にいてあげれました。

亡くなる直前、亡くなった日に一緒にいてあげられるのは、ほんと良かったと思いました。

とりあえず家の一番日当たりの良い窓際に風通し良くして、寝床に寝かせてあげていつも好きで一緒にいたぬいぐるみを横に置いてあげました。

(冬だったので窓際は暑くはない所でした。)

ここで一旦長くなったのでパート2へ行きます。

次回は急に亡くなった時の対処など書いていきます。

次へ>



スポンサーリンク

フォローはご自由にどうぞ!